「いぬのきもち・ねこのきもち」がお届けする、かわいい犬・猫連載や画像・動画・キャンペーンなどの情報サイトです。

ロゴ:いぬのきもちねこのきもち

TOP

犬の情報

  • いぬのきもち
  • QA・図鑑
  • 保険

猫の情報

  • ねこのきもち
  • QA・図鑑
  • 保険
  • 動物病院

アプリ


記事詳細(ニュース記事作成用)

「悩んでいても、仕方がない。できる限りの治療を続けていきます」…糖尿病と戦うアオちゃんのお話

いぬのきもち』で連載している、「困難と闘う!……その先のしあわせへ」。障がいや重い病気を抱えながらも、今を一生懸命に生きる犬たちと飼い主さんの物語を紹介しています。
前回、糖尿病と診断されたアオちゃん。今回は飼い主さんとの闘病生活の様子をお伝えします。



※1回目の記事はコチラで公開しています。



※この記事は「いぬのきもち」から抜粋しています。「いぬのきもち」をお申し込みはこちら。

犬 いぬのきもち ハンディキャップ

インスリン注射による投薬で血糖値のコントロールを開始



アオちゃんは数日間の緊急入院のあと、自宅でインスリン注射を打つ投薬治療を始めます。人間の場合は食事や運動療法のみでコントロールできることもある糖尿病ですが、犬の場合は注射で毎日欠かさずインスリンを補わないと高確率で重症化し、命にかかわることがあるからです。



初めのうちは、狩野さんが誤って自分の指に注射針を刺してしまったことも。また、薬が効きすぎて血糖値が低下する心配もありましたが、アオちゃんの場合はなんとか安定した状態に保たれて、ふだんどおりに過ごせるようになりました。

犬 いぬのきもち ハンディキャップ

インスリンの効きをよくするため、充分な運動が必要。毎日、近所の広い公園で
夕方2時間程度の散歩のほか、家の庭でも自由に遊ばせています

犬 いぬのきもち ハンディキャップ

トイレ、飲み水、寝床、ケージなど、必要なものを完備した、のびのび過ごせる愛犬の専用ルーム。リビングや庭とも行き来できて、自由に運動しやすい環境です



このころ、狩野さんはインターネットで糖尿病の犬に関する情報を集めていました。体重や血糖値の具体的な変化をつづったブログなどが参考になったといいます。視力はおぼつかないせいか、アオちゃんは狩野さんに寄り添って過ごすことが多くなりました。しかし、聴力は確かで、日常生活や散歩に大きな支障はありませんでした。

犬 いぬのきもち ハンディキャップ

ブログに血糖値や体重の変化をつづる狩野さん。「糖尿病だとわかったとき、ほかの方のブログが参考になりました。だから、自分もアオの健康状態をブログに書き始めたんです」



さらに、2015年の春にアオちゃんは子宮蓄膿症の治療のため、子宮と卵巣の摘出手術を受けました。このような手術を受けると高血糖がおさえられる場合もあります。しかし、残念ながらアオちゃんの血糖値は再び上がってしまったため、インスリンの量を増やして様子を見ることになりました。



18㎏あった体重は8㎏前後まで落ちて、かつての洋服やハーネスはぶかぶかに……。現在は、インスリン注射のおかげで血糖値は220㎎/㎗前後に下がり、体調もどうにか落ち着きを見せています。(つづく)

犬 いぬのきもち ハンディキャップ

子宮・卵巣摘出手術(合わせて、同時に見つかった、腸ヘルニアなどの手術を受ける)を行った。2015年3月ころのアオちゃん



合併症を防ぐために前向きに闘病を続ける

命の危険を飼い主さんといっしょに乗り越えたアオちゃん。次回は具体的な毎日のお世話方法と、闘病を前向きに乗り越えるコツをご紹介します。



いぬのきもち」で連載している、「困難と闘う!……その先のしあわせへ」。障がいや重い病気を抱えながらも、今を一生懸命に生きる犬たちと飼い主さんの物語を紹介しています。


※「困難と闘う!……その先のしあわせへ」は奇数月の号に掲載しています。

バックナンバーのお申し込み方法

いぬのきもち今月号はこちらから

いぬのきもち最新号のご紹介

  • ・いい?悪い?ストレスって?
  • ・キレイかんたんオーラルケア
  • ・愛犬と一緒にスポーツを!
  • ・真顔犬ファンクラブ

  • ・子犬のリアル成長レポート
  • ・吠えグセ直し集中講座
  • ・ドリル! おねだり行動

  • ・愛犬のクオリティ・オブ・ライフ
  • ・「行動治療」はじめてガイド


 topics|もっと!いぬのきもち

バックナンバー

いぬねこ連載
もっと見る

[PR]


10:00:00 インスリン注射による投薬で血糖値のコントロールを…「困難と闘う!……その先のしあわせへ」第2話 u14v96000000180n 特別企画 いぬ u14v96000000180n-img/_AA_9513.jpg 1 u14v96000000180n-img/u14v96000000182k.jpg 『いぬのきもち』奇数月号では、障がいや重い病気を抱えながらも、今を一生懸命に生きる犬たちと飼い主さんの物語を連載しています。今回は『いぬのきもち』7月号より糖尿病をインスリン注射で治療。視力も失ってしまったアオちゃんのお話を3回に分けてご紹介します。
『いぬのきもち』奇数月号では、障がいや重い病気を抱えながらも、今を一生懸命に生きる犬たちと飼い主さんの物語を連載しています。今回は『いぬのきもち』7月号より糖尿病をインスリン注射で治療。視力も失ってしまったアオちゃんのお話を3回に分けてご紹介します。
病気・健康
facebook
twitter