「いぬのきもち・ねこのきもち」がお届けする、かわいい犬・猫連載や画像・動画・キャンペーンなどの情報サイトです。

ロゴ:いぬのきもちねこのきもち

TOP

犬の情報

  • いぬのきもち
  • QA・図鑑
  • 保険

猫の情報

  • ねこのきもち
  • QA・図鑑
  • 保険
  • 動物病院

アプリ


記事詳細(ニュース記事作成用)

問題だらけの保護犬がトレーニングで大変身!

いぬのきもち』偶数月号では、「犬のために何ができるのだろうか」と題して、各自治体やボランティア団体による犬の保護活動についての連載記事を掲載しています。
2015年6月号では、名古屋市動物愛護センターを紹介。
名古屋市動物愛護センターでは、事業犬として大型犬から小型犬までさまざまな犬が活躍しています。今回は、事業犬の活躍についてご紹介します。


※記載内容はすべて平成27年3月8日時点のものです。



※1回目の記事はコチラで公開しています。



※この記事は「いぬのきもち」から抜粋しています。「いぬのきもち」をお申し込みはこちら。

プロのトレーナーがじっくり取り組み、愛される事業犬に



名古屋市動物愛護センターの事業犬のなかにはトレーニングを経て、事業犬になった犬もいます。5才になるメスのゴールデン・レトリーバーのポテトは、人なつっこい性格と愛らしい容姿で人気。しかし、生後7カ月で保護されたときは、大変な問題を抱えていました。

犬 いぬのきもち 犬のために何ができるだろうか

かつて多くの問題を抱えていたポテト



当時の様子を説明するのは、同センター愛護指導担当技師の島田一仁さんです。「要求吠えと飛びつきが激しく、リードをつけて散歩に出てもまっすぐ歩くこともできない。マッテや留守番もできず、さらにトイレと寝床の区別もついていませんでした」。

犬 いぬのきもち 犬のために何ができるだろうか

職員の島田一仁さん(写真左)の努力で愛される犬に大変身。白井希代子さん(写真右)と協力して、現在もトレーニングを継続中



生まれてから一度もトレーニングを受けるチャンスに恵まれなかったポテト。その結果、世話をしきれなくなった飼い主が飼育放棄したのです。一般市民への譲渡はもちろん無理。問題解決にはプロのトレーナーがじっくり取り組まないと難しいような状態でした。それでも諦めなかった島田さん。

「まだ7カ月の犬も救えないとしたら、動物愛護事業に携わる者としてこれほど悔しいことはない。そんな気持ちからトレーニングを始めました」

最初は、クレートに入って吠えずに待つ練習から。1秒単位で時間をのばすといっても大げさではない、地道なトレーニングを繰り返しました。落ち着く時間をつくることで、ポテトは島田さんの声や指示に集中できるように。外部イベントなどに同行させて社会経験を積み、やがて事業犬として活躍できるようになったのです。(つづく)

犬 いぬのきもち 犬のために何ができるだろうか

ふれあい体験に参加。事業犬として大活躍するポテト




次回は「ユニークな体験型セミナー“犬猫を飼う前教室”」

名古屋市動物愛護センターでは、動物を飼いたいと考えている人を対象にした「犬猫を飼う前教室」を実施しています。次回はこのセミナーについてご紹介します。



いぬのきもち」の連載「犬のために何ができるのだろうか」では、各自治体やボランティア団体による犬の保護活動を紹介しています。


※「犬のために何ができるのだろうか」は偶数月の号に掲載しています。

バックナンバーのお申し込み方法 いぬのきもち今月号はこちらから

無料LINEスタンプ配信スタート!!

いぬのきもち最新号のご紹介

  • ・健康寿命を延ばす秘訣とは?
  • ・コツコツほけの秘密を知ろう!
  • ・11/1は犬の日 プレゼントbookを作ろう

  • ・子犬のリアル成長レポート
  • ・愛犬にピッタリグッズ
  • ・ひとり遊び上手にできる?

  • ・もっと楽しめる!スゴい先輩教えて!
  • ・ミニマリストと犬の暮らし


 topics|もっと!いぬのきもち

バックナンバー

いぬねこ連載
もっと見る

[PR]


10:00:00 問題だらけの保護犬がトレーニングで大変身! 名古屋市動物愛護センターの取り組み(2) u14v960000001ez3 特別企画 いぬ u14v960000001ez3-img/_AA_5809.jpg 1 u14v960000001ez3-img/u14v960000001f0y.jpg 今すぐ役立つ情報発信で愛護意識の向上を目指す!名古屋市動物愛護センターの取り組み(2) 今すぐ役立つ情報発信で愛護意識の向上を目指す!名古屋市動物愛護センターの取り組み(2) 雑学
facebook
twitter