「いぬのきもち・ねこのきもち」がお届けする、かわいい犬・猫連載や画像・動画・キャンペーンなどの情報サイトです。

ロゴ:いぬのきもちねこのきもち

TOP

犬の情報

  • いぬのきもち
  • QA・図鑑
  • 保険

猫の情報

  • ねこのきもち
  • QA・図鑑
  • 保険
  • 動物病院

アプリ


記事詳細(ニュース記事作成用)

我が家の愛犬の散歩中の困ったこととその対応策

散歩中の愛犬の行動に困ってしまうこと、ありますよね? 特に吠えることや排泄に関しての悩みはよく聞くような気がします。そこで今回は、実際にわが家で実行した対策法をご紹介します。 

チワワの「小太郎」

愛犬の小太郎です



我が家にはもうじき4才になるロングコートチワワの男の子”小太郎”がいます。


小太郎は大の散歩好き。そのため毎日散歩に出掛けるのですが、困ったことが2点ありました。一つ目は他の人や犬と会うとしきりに吠えてしまうこと。二つ目は場所構わずおしっこやうんちをしてしまうことです。


日々のことですし、散歩は家から近場でするのでこういった問題行動に対して何かしらしないと! と思った私。ここ最近散歩の際にこれらを回避するために実践していることがあります。



人や犬と会うと吠えてしまう行動を回避するために


我が家の小太郎は非常に臆病な性格です。そのために自分より大きな人間であったり、犬であったりするとそれに警戒心を覚えて吠えてしまうのだと私は思いました。


だからと言ってその性格を急に変えることはできません。そこで散歩中にこちらに歩いてくる人や犬がいて小太郎が警戒心を見せ始めたら、小太郎に冷静さを保たせるためにその場に立ち止まってリードを短く持ち、クールダウンさせることにしました。


歩きながら、どんどん相手との距離が近くなっていく状況が怖いのであれば、こちらが立ち止まって一呼吸置き、人や犬との距離を離して遠くからやり過ごせばいいと思ったのです。

散歩中のチワワ

吠えてしまいそうなときは、立ち止まってクールダウン



これはかなりの効果がありました。またその際に”吠えちゃダメだよ”と何度も繰り返し言うことで、賢い犬ですから言葉を理解し吠えることが少なくなったように思います。



場所構わずおしっこ・うんちをしてしまう行動を回避するために


犬は人間のルールを知りません。


だから”ここでうんち・おしっこしちゃダメ!”といった人間のオリジナルルールをいちいち教えるのはなかなか難しいと思います。


そこで私の場合近隣の住宅街でここではして欲しくないと思うところでは抱っこして小太郎を散歩しています。そしてフリーなエリアへ連れて行ってから散歩させるようにしています。


我が家のリードは伸縮性のものなのですが、小太郎は短くリードを持たれ自由がない状況では基本うんちもおしっこもしません。リードを伸ばして自由に動ける状態=思い切って糞尿できるということを習慣づけて教え込むようにしたところ、困った場所での糞尿はかなり少なくなりました。


また、それでもどうしても困ったところでしてしまった時の場合に備えて日頃からうんち処理用のビニール袋の他に500ccのペットボトルに水を入れて持ち歩くようにしています。水ですから途中で喉が渇いたら小太郎の飲み水にも使えます。

いぬのきもち最新号のご紹介

  • ・あなたは、どのくらい愛犬からあいされている?
  • ・冬の冷え・乾燥・暖め過ぎから守る!
  • ・戌年記念いぬのことわざ・格言カルタ

  • ・子犬のリアル成長レポート
  • ・反抗期!? どうする?
  • ・留守番のさせ方

  • ・犬の先進国の驚きのしつけとは?
  • ・プロが実感!使ってよかったGOODS


 topics|もっと!いぬのきもち

バックナンバー

いぬねこ連載
もっと見る

[PR]


10:00:00 我が家の愛犬の散歩中の困ったこととその対応策 u14v960000001q52 コラム いぬ u14v960000001q52-img/dog08_2.jpg 1 u14v960000001q52-img/dog08_2.jpg 散歩中に人や犬に吠えてしまう、してほしくないところにおしっこやうんちをしてしまう、そんな困った行動を避けるため、我が家で実践していることをご紹介します。  散歩中に人や犬に吠えてしまう、してほしくないところにおしっこやうんちをしてしまう、そんな困った行動を避けるため、我が家で実践していることをご紹介します。
facebook
twitter