「いぬのきもち・ねこのきもち」がお届けする、かわいい犬・猫連載や画像・動画・キャンペーンなどの情報サイトです。

ロゴ:いぬのきもちねこのきもち

TOP

犬の情報

  • いぬのきもち
  • QA・図鑑
  • 保険

猫の情報

  • ねこのきもち
  • QA・図鑑
  • 保険
  • 動物病院

アプリ


記事詳細(ニュース記事作成用)

予防したい病気【歯・口腔の病気】について

犬がかかりやすい病気について解説しています。
今回は放っておくと怖い「歯・口腔の病気」についてご紹介します。



多くの犬がかかる「歯周病」ってどんな病気?



犬の歯・口腔の病気で圧倒的に多いのは「歯周病」です。
これは、歯垢や歯石の中の細菌が原因。それらが歯肉や歯を支える歯槽骨(しそうこつ)などに引き起こす炎症を歯周病と呼びます。

初期の歯周病では、歯にうっすらついた歯垢や歯石によって歯肉が赤くなる「歯肉炎」に。
そのまま放っておくと、歯と歯肉の奥まで歯垢や歯石がたまって歯槽骨を溶かす「歯周炎」となり、犬の口からきつい口臭がしたり、歯茎から出血したりします。



歯周病を放置すると、全身の病気になる!?



歯周病を放っておくと、細菌が繁殖し、歯と歯肉の間に溝(歯周ポケット)をつくったり、歯槽骨を溶かし始めたりします。

さらに、口の中以外の場所にも病気を引き起こすことが。
「外歯瘻(がいしろう)」「内歯瘻(ないしろう)」「口腔鼻腔瘻(こうくうびくうろう)」がその代表で、それぞれ歯肉から頭蓋骨・歯肉の表面・鼻腔に穴があきます。

目の下など顔周りの皮膚にまで穴が貫通し、そこから膿が出てくることも!
歯周ポケットから入りこんだ細菌が全身に回り、心臓や肝臓、腎臓などの病気を発症するケースもあります。

犬 いぬのきもち

歯周病が進行し、口腔鼻腔瘻になったミニチュア・ダックスフンド。左目の横に大きな穴があき、黄色っぽい膿が出ています。



歯周病以外に「歯の破折」「乳歯遺残」も知っておいて!



歯周病のほかに注意したいのが、「歯の破折」。

犬は噛むのが大好きですが、実はかたいものを噛むのに適した歯の構造ではなく、ひづめやかたいおもちゃで簡単に折れてしまいます。
かたすぎるおもちゃは与えないようにし、噛むタイプのおもちゃは時間を決めて与えましょう。

通常7か月ころまでに乳歯がすべて生え変わりますが、乳歯に重なり合うように永久歯が生えてしまう「乳歯遺残(にゅうしいざん)」も犬に多いトラブルです。
そのままにしておくと歯並びが悪くなり、歯に歯垢がたまりやすくなるため、歯周病にかかりやすくなります。




愛犬の口の中に異常はありませんか?
歯・口腔の病気は早めの対策や治療が大切です。なにか気になることがあったら、かかりつけの獣医師に相談すると安心です。

出典:「いぬのきもち」2017年9月号『データで解析! 今月の予防したい犬の病気』

無料LINEスタンプ配信スタート!!

いぬのきもち最新号のご紹介

  • ・健康寿命を延ばす秘訣とは?
  • ・コツコツほけの秘密を知ろう!
  • ・11/1は犬の日 プレゼントbookを作ろう

  • ・子犬のリアル成長レポート
  • ・愛犬にピッタリグッズ
  • ・ひとり遊び上手にできる?

  • ・もっと楽しめる!スゴい先輩教えて!
  • ・ミニマリストと犬の暮らし


 topics|もっと!いぬのきもち

バックナンバー

いぬねこ連載
もっと見る

[PR]


12:00:00 放っておくと怖い「歯・口腔の病気」 mp1h7c0000003ndw 特別企画 いぬ mp1h7c0000003ndw-img/irasuto.jpg 1 mp1h7c0000003ndw-img/mp1h7c0000003ng0.jpg 今回は犬がかかりやすい「歯・口腔の病気」についてご紹介します。 今回は犬がかかりやすい「歯・口腔の病気」についてご紹介します。 病気・健康;保険
facebook
twitter