「いぬのきもち・ねこのきもち」がお届けする、かわいい犬・猫連載や画像・動画・キャンペーンなどの情報サイトです。

ロゴ:いぬのきもちねこのきもち

記事詳細(ニュース記事作成用)

中・大型犬を中心に保護活動を続ける。KDPの取り組み(2)

『いぬのきもち』偶数月号では、「犬のために何ができるのだろうか」と題して、各自治体やボランティア団体による犬の保護活動について取り上げています。

今回は、殺処分ゼロを目指し、神奈川県動物保護センターから中・大型犬を中心に犬の保護活動を続けている「神奈川ドッグプロテクション(KDP)」の活動を紹介します。

※記載内容はすべて平成28年5月22日時点のものです。
(取材・撮影・文/尾﨑たまき)

譲渡会で出会った縁。サルサちゃんと大山さん一家



大山さん一家がKDPからミックスのサルサちゃんを迎えたのは、今から2カ月ほど前のことでした。
新しい家に引っ越した大山さん一家は、犬と暮らせる環境が整ったこともあり、犬を迎え入れたいと家族で話すようになったのです。

「犬を飼うときは保護犬を」と考えていた大山さん一家は、月に2回行われているKDPの譲渡会に子どもたちとともに半年間ほど通いました。
サルサちゃんと大山さん一家は、譲渡会に通い始めて5カ月ほどたったころに出会い、表情がかわいらしいサルサちゃんのことを家族みんなが気に入ったそうですが、当初は引き取ることにためらいがあったといいます。

「KDPのシェルターの犬たちはみんな幸せそうに見えたから、このままシェルターにいたほうが幸せなのではないかと思い、わが家で引き取ることを躊躇していたんです。でも、何度目かの譲渡会のときスタッフの方にこう言われました。『このコたちに新しい縁が見つかったら、また新たに救える命があるんです』と。この言葉が私たちの背中を押してくれました」

サルサちゃんは怖がりなところがあり、苦手なことがあるとすぐに一番心を開いている娘さんの部屋に逃げ込みます。
息子さんやお母さんの有佳さんにも少しずつ甘えるようになったサルサちゃん。
でも、なぜかお父さんの豪さんのことはまだ少し怖いようで、たびたび吠えることがあるのだとか。
それでもみんなで散歩に行くときのサルサちゃんは、とてもうれしそうに瞳を輝かせます。

「家にいても尻尾を丸めてまだ警戒しているようなので、早くわが家に慣れて自由に動き回ってほしいです。そしてもっとサルサと仲良くなりたいです」。

サルサちゃんに寄り添う大山さん一家のまなざしは、愛犬へのやさしさにあふれていました。

新しい環境に早く慣れてくれるようにと、サルサちゃんにそっと寄り添う大山さんご家族

犬 いぬのきもち 犬のために何ができるだろうか

怖がりなサルサちゃんだが、娘さんといっしょなら安心して階段を下りることができる

犬 いぬのきもち 犬のために何ができるだろうか

海辺までお出かけした大山さんとサルサちゃん。波打ち際をゆっくり散歩した。

サルサちゃんが手すりの隙間から落ちることがないように、階段にはネットが張られている

犬 いぬのきもち 犬のために何ができるだろうか

ベランダはサルサちゃんの好きな場所のひとつ。大好きな娘さんとふれあうひととき

豪さんが休みの日はできる限りいっしょに散歩へ。サルサちゃんも楽しそう

飼い主さんの元がいちばん。菊池さんの思い


「ここ数年で、保護施設から犬を迎える飼い主さんが増えてきました。飼い主さんの意識も高くなり、捨てられる犬も以前より減ってきたようです。しかし飼い主さんが病気や事故で亡くなってしまったなどで、やむをえず飼えなくなってしまう犬はいなくならないでしょうね。そんな状況になったとき、どうすべきか相談に乗ってくれるのがセンターであってほしいと思います」と菊池さんは話します。

「ここにいる犬たちはみんな幸せそうと訪れた人たちは言いますが、一般家庭とここでは天と地ほどの差があると思いますよ。一般家庭なら、家族からの愛情を独占できますから。だから私は、どんな犬でも自分の犬にはしないようにしています。そうするとシェルターを出られなくなってしまうので」

KDPは、あくまでもセンターから新しい飼い主さんの元へ迎えられるまでの、一時的な施設であると強調する菊池さん。

「本当は一刻も早く、この神奈川ドッグプロテクションをたためることが目標なんです。センターの収容頭数が限りなくゼロに近づけば、私たちのような保護団体が引き取る必要もなくなるわけですから」

いつかKDPがなくなるその日が来るまで、菊池さんは目の前の命と向き合いながら、大好きな犬たちに愛情を注ぎ続けるのでしょう。


お母さんの有佳さんには歯みがきも静かにさせてくれるそう


「いぬのきもち」では偶数月の号に、各自治体やボランティア団体による犬の保護活動を紹介しています。

KANAGAWA DOG PROTECTION

お問い合わせ先

サイト:http://kdp-satooya.com/

いぬのきもち最新号のご紹介

  • ・愛犬と長く一緒に! 長寿犬の秘密
  • ・漫画で解説 愛犬の本当のきもち
  • ・愛犬も運気UP? パワースポット

  • ・うちの犬にも反抗期がきた!
  • ・車の乗せ方・お出かけ 「初めてしつけ」
  • ・子犬のしつけ さいしょの一歩

  • ・犬がかかりやすい「下部尿路疾患」
  • ・気になる多頭飼い
  • ・簡単おせち&プチお正月飾り


 topics|もっと!いぬのきもち

バックナンバー

いぬねこ連載
もっと見る

[PR]


12:00:00 中・大型犬を中心に保護活動を続ける。KDPの取り組み(2) mp1h7c0000001ieb 特別企画 いぬ mp1h7c0000001ieb-img/4E3E2A5361.jpg 1 mp1h7c0000001ieb-img/mp1h7c0000001ign.jpg 『いぬのきもち』偶数月号では、「犬のために何ができるのだろうか」と題して、各自治体やボランティア団体による犬の保護活動について取り上げています。今回は、「KANAGAWA DOG PROTECTION」の取り組みを2回に分けてご紹介します。 『いぬのきもち』偶数月号では、「犬のために何ができるのだろうか」と題して、各自治体やボランティア団体による犬の保護活動について取り上げています。今回は「KANAGAWA DOG PROTECTION」の取り組みを2回に分けてご紹介します。 保護活動
facebook
twitter