「いぬのきもち・ねこのきもち」がお届けする、かわいい犬・猫連載や画像・動画・キャンペーンなどの情報サイトです。

ロゴ:いぬのきもちねこのきもち

TOP

犬の情報

  • いぬのきもち
  • QA・図鑑
  • 保険

猫の情報

  • ねこのきもち
  • QA・図鑑
  • 保険
  • 動物病院

アプリ


記事詳細(ニュース記事作成用)

中・大型犬を中心に保護活動を続ける。KDPの取り組み(1)

今月は、殺処分ゼロを目指し、神奈川県動物保護センターから中・大型犬を中心に犬の保護活動を続けている「神奈川ドッグプロテクション(KDP)」の活動を紹介します。

※記載内容はすべて平成28年5月22日時点のものです。
(取材・撮影・文/尾﨑たまき)

一頭でも多くの命を救いたい。ただそれだけを願って保護活動を続けている



神奈川ドッグプロテクション(以下KDP)のシェルターは、横須賀市の住宅地から離れた山あいの、豊かな自然に囲まれた場所にあります。
広大な敷地には犬たちが自由に過ごせる庭があり、ウッドデッキのスペースでは、人なつっこい犬たちがしっぽを振りつつ、甘えさせてくれるスタッフが来るのを待ち構えています。
施設内はのびのびと自由に過ごしている犬がほとんどですが、なかにはリードにつながれた犬の姿も。

「センターから来て間もない犬や、ほかの犬に危害を及ぼすおそれのある犬をつないでいます」と話すのはKDP代表の菊池英隆さん。
一頭でも多くの犬を救いたいと、6年ほど前にKDPを立ち上げ、いちからシェルターを完成させた方です。

菊池さんは、神奈川県動物保護センターへ定期的に足を運び、数頭ずつ犬の引き出し(※センターに収容された動物を、救出・治療・譲渡などを目的として一時的に預かること)を行っています。
この日も3頭の犬をシェルターへ連れて帰りました。3頭ともうれしそうに菊池さんに甘え、ケンカもせず仲よく車に乗り込んでいく姿は、まるで菊池さんとの出会いを予感していたかのようでした。

まだこのセンターで殺処分が定期的に行われていたころ、菊池さんは「今センターに収容されている犬をすべて引き取るので、殺処分しないでほしい」と当時の所長に直談判したこともあったそうです。
以降、殺処分が迫るとセンターから連絡を受け、期限をきられた命を救い続けました。

センターをはじめとしたみんなの努力の積み重ねで、平成26年度、神奈川県動物保護センターは犬の殺処分ゼロを達成。現在も続いています。

神奈川県動物保護センターの犬舎にいる、飼い主に捨てられた犬や迷子になった犬たち。

犬 いぬのきもち 犬のために何ができるだろうか

保護センターに入る前につけられたと思われる首輪を外し、KDPの首輪につけ替える菊池さん。

犬 いぬのきもち 犬のために何ができるだろうか

お話を伺わせていただいた、神奈川ドッグプロテクション(KDP)の代表の菊池英隆さんとボランティアスタッフの島田佳代子さん。引き取り手が少ない中・大型犬を中心に保護し、24時間犬たちとともに過ごしている。

KDPで引き取ることが決まったあとは、センターの獣医師がワクチン注射とマイクロチップ挿入を行う。

犬 いぬのきもち 犬のために何ができるだろうか

散歩の順番まで、区切られたスペースで待機する犬たち。

菊池さんたちが座った途端、ふたりに甘えたい犬たちが一斉に集まってきた。

広い庭には緑があふれ、犬たちがのびのびと過ごすことができる。犬たちのための日よけスペースも現在建設中。



犬たちをとりまく悲しい現実から、目をそらさないという決意



KDPの現在の保護頭数は約50頭。犬の散歩やゴハン、掃除などはスタッフの島田佳代子さんとふたりで行っています。
そして、譲渡会などは20名ほどのボランティアスタッフが手伝ってくれています。
多いときは130頭もの犬を保護していたそうで、近所のコンビニすらも買い物に行けないほど、犬のお世話にかかりきりだったとのこと。

菊池さんがこのシェルターを作る前は、葉山の実家でセンターから引き取った保護犬のお世話をしていました。
しかし、実家で保護できる頭数は20頭ほどと限りがありました。

「住宅地だったため、犬の鳴き声などが近所迷惑になるのではないかと、当時は毎日気にしながら散歩していました。数年経ってようやく理想的なこの場所が見つかりました」
 
そう話す菊池さんは、KDPを立ち上げるにいたった当時の気持ちも語ってくれました。

「保健所やセンターなどで収容された犬たちが殺処分されていることは知っていました。その現実を考えると悲しくなってしまって。自分にできることは何かないだろうかと考えるようになりました」

間もなくして、菊池さんは、犬たちを取りまく悲しい現実から目をそらさないと決意。
殺処分されてしまう犬を救うために仕事も辞め、地元の神奈川県動物保護センターから犬の引き出しを始めたのです。そんな菊池さんが引き出す犬は中・大型犬が多いそうです。

「センターに登録された保護団体は当時からいくつもありましたが、それぞれの団体にも得意分野があります。小型犬を引き出す団体、犬種ごとに引き出す団体など。最後まで残っている犬はミックスの中・大型犬が多いので、そのコ達を連れてきていたら、このような状況になりました」。
たくさんの犬たちに囲まれながら、菊池さんは笑顔で語ってくれました。




次回は、KDPの譲渡会で出会った、サルサちゃんと大山さん一家のお話です。



※「犬のために何ができるのだろうか」は偶数月の号に掲載しています。

無料LINEスタンプ配信スタート!!

いぬのきもち最新号のご紹介

  • ・ネットの情報 ウソ? ホント?
  • ・ペロペロの理由
  • ・もっとイイコに プラーで遊ぼう
  • ・見てるだけで幸せ♡ 気持ちいい顔

  • ・子犬のリアル成長レポート
  • ・噛みグセ直し集中講座
  • ・ドリル! おねだり行動対策

  • ・保護犬 今日からできること
  • ・犬の「発作」に備える


 topics|もっと!いぬのきもち

バックナンバー

いぬねこ連載
もっと見る

[PR]


10:00:00 中・大型犬を中心に保護活動を続ける。KDPの取り組み(1) mp1h7c000000139h 特別企画 いぬ mp1h7c000000139h-img/4E3E2A5551.jpg 1 mp1h7c000000139h-img/mp1h7c00000013bz.jpg 『いぬのきもち』偶数月号では、「犬のために何ができるのだろうか」と題して、各自治体やボランティア団体による犬の保護活動について取り上げています。今回は『いぬのきもち』2017年8月号より、「KANAGAWA DOG PROTECTION」の取り組みを2回に分けてご紹介します。 『いぬのきもち』偶数月号では、「犬のために何ができるのだろうか」と題して、各自治体やボランティア団体による犬の保護活動について取り上げています。今回は『いぬのきもち』2017年8月号より、「KANAGAWA DOG PROTECTION」の取り組みを2回に分けてご紹介します。 保護活動
facebook
twitter