「いぬのきもち・ねこのきもち」がお届けする、かわいい犬・猫連載や画像・動画・キャンペーンなどの情報サイトです。

ロゴ:いぬのきもちねこのきもち

記事詳細(ニュース記事作成用)

暑くなる時季に気をつけたい「消化器の病気」

今回は、暑くなる時季に気をつけたい「消化器の病気」と犬に多いトラブルである「誤飲・誤食」についてご紹介します。



暑い時季に増える「胃腸炎」



消化器官は食道~肛門までと幅広いので、ひと口に消化器の病気といってもその種類はじつにさまざま。
その中で、もっとも犬がかかりやすいのが、胃や腸の粘膜に炎症を起こす「胃腸炎」です。

じつは胃腸炎は、気温が高い7~8月に多くみられます。

その理由は、高温多湿の天候により、傷んだフードや雑菌が繁殖した水を口にしやすくなることや、レジャーが増え、草むらなどで腐った食べ物や虫を食べたり、除草剤を舐めたりする、ことをきっかけとした胃腸炎が増える、と考えられます。

先天的な原因が多い「ヘルニア」



ヘルニアとは、「体の組織から内臓や脂肪などがはみ出した状態」のこと。

消化器に障害が出るのは、腹膜(筋肉や皮下脂肪、皮膚で構成される内臓を守っている組織)から腸がはみ出してしまう場合で、先天的な要因が主です。
成長とともに治ることがありますが、ひどくなると腸の蠕動運動が止まったり、便が詰まったりして、手術が必要になることもあります。



好奇心旺盛な犬はとくに気をつけたい「誤飲・誤食」



異物や中毒性のあるものを食べたり飲んだりしてしまう「誤飲誤食」も、犬に多いトラブルです。

おもちゃや靴下で「腸閉塞」を起こしたり、竹串や爪楊枝で胃に穴が開いたりすることも。

中毒症状を引き起こすチョコレートやネギ類、人用の薬などは、食べた量によっては死に至るケースがあります。

犬 いぬのきもち



飼い主さんは、愛犬が誤って食べないように充分注意しましょう。

出典:「いぬのきもち」2017年8月号『データで解析! 今月の予防したい犬の病気』

いぬのきもち最新号のご紹介

  • ・データ・図解でわかる 熱中症
  • ・ハイテク家電とお掃除テクで「ニオワセナイ」術
  • ・ハプニングに役立つ「とっさのキケン」

  • ・子犬に必要なしつけ「さいしょの一歩」
  • ・1才になる前に覚える必須「犬用語」
  • ・はじめての「社会化しつけ」

  • ・犬も人も「夏のCOOL★ドリンク」
  • ・ゲームでわかる犬の新常識
  • ・死因TOP3 犬の心臓病


 topics|もっと!いぬのきもち

バックナンバー

いぬねこ連載
もっと見る

[PR]


12:00:00 暑くなる時季に気をつけたい「消化器の病気」 mp1h7c00000021ro 特別企画 いぬ mp1h7c00000021ro-img/ill_1.jpg 1 mp1h7c00000021ro-img/mp1h7c00000021ts.jpg 今回は暑くなる時季に気をつけたい「消化器の病気」と犬に多いトラブルである「誤飲・誤食」についてご紹介します。 今回は暑くなる時季に気をつけたい「消化器の病気」と犬に多いトラブルである「誤飲・誤食」についてご紹介します。 病気・健康;保険
facebook
twitter