「いぬのきもち・ねこのきもち」がお届けする、かわいい犬・猫連載や画像・動画・キャンペーンなどの情報サイトです。

ロゴ:いぬのきもちねこのきもち

記事詳細(ニュース記事作成用)

作った絆を壊さない! 《1才からの》愛犬との絆の作り方

いぬのきもち』2015年11月号では、1才までの犬との絆の作り方、1才からの犬との絆の強め方について解説しています。今回は本誌のなかから、1才からの愛犬との絆の強め方を少しだけご紹介します。



※この記事は「いぬのきもち」から抜粋しています。もっと詳しく見たい方は「いぬのきもち」をお申し込みのうえ読んでくださいね!



※1才までの絆の作り方は、コチラをチェックしてくださいね!



1才までに絆づくりをがんばれば、愛犬が1才になったころには相思相愛に♥ ただし絆ができたとはいえ、愛犬に嫌な思いをさせると壊れることも! そうならないよう、できた絆を1才から強化!



【いろいろな経験をさせる】…つまり、飼い主さんはいろいろな刺激をくれる楽しい人と思わせる



新しい経験は人も犬もワクワクするもの。愛犬といっしょに行ったことのない場所に足を延ばすなど、経験を増やして。

●お出かけ・スポーツ
⇒初めての体験をする楽しさを共有できる
たまには初めて訪れる場所に出かけ、愛犬とたくさんの経験を楽しみましょう。「飼い主さんといると退屈しない」と思うようになり、飼い主さんのことをもっと好きになります。

犬 いぬのきもち 絆

自然が豊かな場所を愛犬とのんびり散歩。歩きながらアイコンタクトをとると、誰と歩いているか愛犬が意識でき、絆が強まります


犬 いぬのきもち 絆

屋外や屋内でスポーツやアジリティ(障害物)遊びにチャレンジするのも○。全身を使って運動すると、愛犬の満足度もアップ!



【人も犬も快適に過ごせるようにする】…つまり、飼い主さんはどんなときでも信頼できる人と思わせる



相思相愛でいるためには、お互いストレスなく、安心安全に生活できることが大切。とくに愛犬が不安になる場面では「飼い主さんの指示に従えば大丈夫」と思わせて。

●扉の出入り
⇒日常生活にオスワリを取り入れて、愛犬に自信をつけさせる
生活のなかで愛犬と飼い主さんのルールを決めましょう。ドアの開閉時、愛犬がオスワリすることを習慣づければ、安全かつそのとおりにできることで自信がつきます。

犬 いぬのきもち 絆

愛犬がいきなり外に飛び出したりしないように、扉を開けるときにはオスワリをさせましょう。いきなり玄関の扉で練習するのは、外が見えて刺激が強いので、まずは家の中で扉を使って練習するのがおすすめ



愛犬との絆づくりは一生続きます!



1才という境目を過ぎたあとも、絆づくりと絆の強化は一生かけて行っていくものです。強い絆があれば、一生愛犬と相思相愛でいられますよ!(特集監修:西川先生のコメントより)



いぬのきもち」2015年11月号『1才までの絆の作り方 1才からの絆の作り方』特集では、他にも愛犬の年齢に合わせて、1才まで/1才からの絆づくりの方法を紹介しています。愛犬の年齢に合った接し方にすることで、一生壊れない信頼関係を築いていくことができるはずです!

いぬのきもち最新号のご紹介

  • ・直しておきたい
    犬の“吠え問題”に挑む!
  • ・シーズン到来!役立つ
    お出かけトラブル白書

  • ・犬用カード使いこなし術
    最初に一歩
  • ・趣ある表情に思わず(笑)
    哀愁犬のキモチ

  • ・【実話】だからといって…
    愛犬を捨てるのですか?
  • ・災害、そのとき
    愛犬も自分も生き抜くには?


 topics|もっと!いぬのきもち

バックナンバー

いぬねこ連載
もっと見る

[PR]


10:00:00 作った絆を壊さない! 《1才からの》愛犬との絆の作り方 u14v960000002wy9 特別企画 いぬ u14v960000002wy9-img/u14v960000002x05.jpg 1 『いぬのきもち』2015年11月号「1才までの絆の作り方 1才からの絆の作り方」特集より、《1才からの》愛犬との絆の強め方を少しだけご紹介します。 『いぬのきもち』2015年11月号「1才までの絆の作り方 1才からの絆の作り方」特集より、《1才からの》愛犬との絆の強め方を少しだけご紹介します。 しつけ
facebook
twitter