「いぬのきもち・ねこのきもち」がお届けする、かわいい犬・猫連載や画像・動画・キャンペーンなどの情報サイトです。

ロゴ:いぬのきもちねこのきもち

TOP

犬の情報

  • いぬのきもち
  • QA・図鑑
  • 保険

猫の情報

  • ねこのきもち
  • QA・図鑑
  • 保険
  • 動物病院

アプリ


記事詳細(ニュース記事作成用)

ねこのきもち編集室便り『小雪さんの思い出』

あの日から1年が経ちました。



こんにちは。『ねこのきもち』編集室のm.hです。
ねこのきもちWebで連載をしていた、小雪の怒ってなどいない!!の小雪ちゃんが天国に渡って1年が経ちました。

亡くなる半年ほど前から心筋症の治療を受けていた小雪さん。
何度も容態が悪くなりながらも、徐々に快復傾向が見られるようになり編集担当者としてもホッとしていました。

そんなとき、2016年4月6日に飼い主である岡田モフリシャスさんから「小雪が亡くなりました」と連絡が届き、強いショックを受たことを今でも覚えています。



強面フェイスな小雪さん、不機嫌に見えても実はとってもフレンドリー。
遊びにいったときは、いつもスリスリしてくれました。

とはいえ、大好きなヨーグルトを食べるときに見せる表情が凶悪に見えるのはナイショです。

小雪がブレイクしたのは、↑この激おこ写真がきっかけでした。
怒っているように見える表情も実に多彩だなと今見ても感じます。

小雪さんが好きだったのは、こちらの通称"極悪箱”
気づけばここでリラックスしていることが多かったと思います。

左に見える写真集『小雪の怒ってなどいない!!』も、編集長として写真選びに協力をしてくれました。

「目ヤニをきれいに!」
「もっと毛ヅヤをよく!!」

とか、写真に対するこだわりがものすごかった美の意識が高い小雪編集長なのでした。

「小雪の怒ってなどいない!!」が出てから、もう3年以上も経っていてビックリ。
つい先日の出来事のように思えます。



どこかで楽しくやっていることでしょう



水を飲む、ゴハンを食べる、じゃらしおもちゃで遊ぶ…など普通の猫が当たり前にすることも、小雪がやると鮮烈なビジュアルになる。
そんな魅力いっぱいの小雪さんでした。

今はきっと、小雪の子分?である特攻ニャ郎ニャーチームのみんなと、どこかで元気にやっているはず!

天国に行った今でも、小雪さんが癒しの存在であることは間違いありません。
皆さんも、ときどき思い出してくださいね。






連載『小雪の怒ってなどいない!!』
書籍「小雪の怒ってなどいない!!」


ねこのきもち最新号のご紹介


11月号のご紹介

注目特集
  • 性格別 ねこの取扱説明書
  • ニャ論調査2017 #1トイレ編
  • 暑さに強いカラダ作り
おすすめ特集
  • コワ~イ 寄生虫にご用心!
  • 猫のカラフルコーディネート
  • 愛猫のこだわりの一品公開します

今月号の特集試し読み


 topics|もっと!ねこのきもち

バックナンバー

いぬねこ連載
もっと見る

[PR]


10:00:00 ねこのきもち編集室便り『小雪さんの思い出』 nvodft00000039o7 記事 ねこ nvodft00000039o7-img/nvodft00000039qk.jpg 1 nvodft00000039o7-img/nvodft00000039qm.jpg 『ねこのきもち』編集室のメンバーが交代でお届けする「編集室便り」。今回は担当m.hが、怒ってなどいない猫、小雪ちゃんの思い出を書きます。 『ねこのきもち』編集室のメンバーが交代でお届けする「編集室便り」。今回は担当m.hが、怒ってなどいない猫、小雪ちゃんの思い出を書きます。 その他
facebook
twitter