「いぬのきもち・ねこのきもち」がお届けする、かわいい犬・猫連載や画像・動画・キャンペーンなどの情報サイトです。

ロゴ:いぬのきもちねこのきもち

TOP

犬の情報

  • いぬのきもち
  • QA・図鑑
  • 保険

猫の情報

  • ねこのきもち
  • QA・図鑑
  • 保険
  • 動物病院

アプリ


記事詳細(ニュース記事作成用)

猫の歯・口内の病気で多いのは口内炎/ 舌炎と歯周病!

『アニコム家庭どうぶつ白書 2016』のデータをもとに、イマドキ猫の事情を分析!
今回のテーマは「「猫の歯・口内の病気」です。

どんな病気にかかりやすいのか、聖母坂どうぶつ病院の鵜飼佳実先生にうかがいました。

猫 ねこのきもち

※2014年4月1日~2015年3月31日の間に、アニコム損保に契約した猫6万7882匹(全年齢、性別不明を含む)のうち、契約期間中に歯・口内に関連する病気で請求があった4,153件の内訳。



口内炎/ 舌炎と歯周病で全体の8割以上



ねこのきもち編集室スタッフ(以下 編集):先生、今回のテーマは歯・口内の病気です。猫はどんな病気にかかりやすいのでしょうか?

鵜飼先生:はい。上のグラフは動物病院で歯・口内の病気と診断を受けた猫の、病気の割合を表しています。
口内炎/舌炎と歯周病の2つで全体の8割以上を占めていますね。
犬や人では歯周病が圧倒的に多いのですが、猫の場合は、口内炎/舌炎も多いことが特徴的です。

編集:口内炎/舌炎、歯周病とは、それぞれどんな病気ですか?

鵜飼先生:どちらも口内に炎症が起こる病気ですが、口内炎/舌炎はのど・頬の裏・舌など、口腔粘膜全般に起こります。
一方、歯周病は歯の周囲に起こります。
原因はどちらも歯に付着した歯垢・歯石中の細菌やウイルスの感染、免疫が関係しているといわれますが、くわしくはわかっていません。
どちらも、痛みのために食べられない、口を気にするしぐさをする、口臭がある、よだれが出るなどの症状が見られます。

編集:食欲はあるのに口の痛みで食べられないのはツラそうですね。

鵜飼先生:そうですね。次回は、猫が歯や口内の病気にかかりやすい年齢についてお話します。





出典:「ねこのきもち」2017年9月号『イマドキ猫の健康事情』
データ提供:アニコム損害保険株式会社


ねこのきもち最新号のご紹介


11月号のご紹介

注目特集
  • 猫と犬 とことんくらべてみました!
  • 冷えとりマッサージ
  • 読む猫トイレⅡ
  • 猫が誤食しやすいもの備忘録
おすすめ特集
  • 岩合さんのネコこよみ
  • いつでも100%!全力猫
  • 猫が赤ちゃんと出会ったら…
  • CaTrip:横浜編

今月号の特集試し読み


 topics|もっと!ねこのきもち

バックナンバー

いぬねこ連載
もっと見る

[PR]


12:00:00 猫の歯・口内の病気で多いのは口内炎/ 舌炎と歯周病! mp1h7c0000003a75 特別企画 ねこ mp1h7c0000003a75-img/mp1h7c0000003a93.jpg 1 mp1h7c0000003a75-img/mp1h7c0000003a95.jpg 今回のテーマは「猫の歯・口内の病気」です。どんな病気にかかりやすいのか、聖母坂どうぶつ病院の鵜飼佳実先生にうかがいました。 今回のテーマは「猫の歯・口内の病気」です。どんな病気にかかりやすいのか、聖母坂どうぶつ病院の鵜飼佳実先生にうかがいました。 保険;病気・健康
facebook
twitter