「いぬのきもち・ねこのきもち」がお届けする、かわいい犬・猫連載や画像・動画・キャンペーンなどの情報サイトです。

ロゴ:いぬのきもちねこのきもち

TOP

犬の情報

  • いぬのきもち
  • QA・図鑑
  • 保険

猫の情報

  • ねこのきもち
  • QA・図鑑
  • 保険
  • 動物病院

アプリ


穴澤賢の犬のはなし 穴澤賢の犬のはなし

犬と車酔い
犬と車酔い「穴澤賢の犬のはなし」

犬がある程度の大きさになってくると、いっしょに出かけるときには車が必須になってくる。しかし、車酔いする犬は多い。犬は遠心力や慣性の法則を理解できないから、わけもわからず体が揺れると気持ちが悪くなるのだろう。わが家の歴代犬もだいたい最初は車に酔った。

犬と車酔い「穴澤賢の犬のはなし」

富士丸は大型犬だったので、かついで電車に乗せるわけにもいかず、基本的に移動はすべて車だった。1才になる前からキャンプなどに出かけていたのだが、最初はとにかく車酔いがひどかった。車に乗せるとすぐにヨダレがたくさん出てきて、しばらく走ると必ず吐く。

犬と車酔い「穴澤賢の犬のはなし」

一度吐くと少し落ち着くのだが、一般道がとくに苦手なようで、高速道路に乗ってしまえばあまり酔わないようだった。おそらく、高速道路は曲がったりブレーキを踏んだりすることが少ないためだろう。だから、一般道を走るときもスピードをあまり出さず、曲がるときも極力なめらかに、ブレーキもゆるやかにかけるような習慣がついてしまい、結果的に超安全運転になった。

犬と車酔い「穴澤賢の犬のはなし」

それでも富士丸はしばらくの間車酔いをしていた。それが3才くらいから気がついたら車に乗ってもヨダレを垂らさなくなり、吐くこともなくなった。犬用の酔い止め薬を飲ませる、窓を少し開ける、こまめに休憩をとるなど、巷でいわれているような対処法はひととおり試したが、結果的には「慣れ」が一番大きかったように思う。さんざん遊びに行っているうちに、どうやら車に乗ることが平気になったようだった。

 車酔い、大吉と福助の場合

次のページ

 穴澤賢の犬のはなし

バックナンバー

いぬねこ連載
もっと見る

[PR]


犬と車酔い コラム いぬ /story_anaz/g6n2u9000000utib-img/g6n2u9000000utjq.jpg 1 愛犬といっしょに出かける際に立ちはだかる乗り物酔いの壁
犬と車酔い犬がある程度の大きさになってくると、いっしょに出かけるときには車が必須になってくる。しかし、車酔いする犬は多い。犬は遠心力や慣性の法則を理解できないから、わけもわからず体が揺れると気持ちが悪くなるのだろう。わが家の歴代犬もだいたい最初は車に酔った。富士丸は大型犬だったので、かついで電車に乗せるわけにもいかず、基本的に移動はすべて車だった。1才になる前からキャンプなどに出かけていたのだ g6n2u9000000utib
facebook
twitter