「いぬのきもち・ねこのきもち」がお届けする、かわいい犬・猫連載や画像・動画・キャンペーンなどの情報サイトです。

ロゴ:いぬのきもちねこのきもち

TOP

犬の情報

  • いぬのきもち
  • QA・図鑑
  • 保険

猫の情報

  • ねこのきもち
  • QA・図鑑
  • 保険
  • 動物病院

アプリ


穴澤賢の犬のはなし 穴澤賢の犬のはなし

犬飼いの防災対策について考える〜グッズ編(3)
あったら助かるが集まった防災グッズ「穴澤賢の犬のはなし」

これまでに、もしものときに備えて『動物と共に避難するための準備と心構え』などを専門家の方に伺ったりしてきた。では、具体的にどんなグッズを備えておいたほうがいいのだろうか。今回はそのあたりのことついて、東日本大震災で救援活動も行ってきた「犬のしつけ教室DOLGY」の代表、荒井隆嘉さんに話を伺ってきた。今回は、前回に続きDOGLYプロデュースの防災グッズを紹介したい。

「あったら助かる」が集まった防災グッズ

あったら助かるが集まった防災グッズ「穴澤賢の犬のはなし」

写真右:犬のしつけ教室DOGLY代表 荒井隆嘉さん

 犬飼いの防災対策について考える〜グッズ編(1)
 犬飼いの防災対策について考える〜グッズ編(2)

荒井:震災当時は、ペット用の器がなかったということが実際にありました。紙皿でもいいんですが、すぐにダメになってしまうし、かじってしまう犬もいたので、便利だなと思ったのが⑧「折りたたみ式ボウル」と⑨「組み立てトレイ」です。

穴澤:ボウルは小さいままだと小型犬で、広げると大型犬でも使えるわけですね。

あったら助かるが集まった防災グッズ「穴澤賢の犬のはなし」

写真中央のグリーンの器が「折りたたみ式ボウル」、右(ピンク色)が「組み立てトレイ」

荒井:そうです。どちらもかさばらないので、持ち運びに便利です。

穴澤:うちは旅行なんかにはステンレスの器を持って行きますが、たしかにこっちのほうが持ち運びにはいいですね。組み立てトレイもボタン式なので外せば平たくなって運びやすいです。

あったら助かるが集まった防災グッズ「穴澤賢の犬のはなし」

荒井:次は⑩「モントンソレイユ」というライトです。都会に暮らしていると夜でも街灯くらいありますが、震災のときは停電していましたし、夜になると本当に漆黒の闇で足下も見えなくて、歩くことすら困難でした。犬を散歩させることができないんです。

穴澤:うちもそうですが、外でないと排泄したがらない犬もいますからね。

荒井:これを犬の首輪に付けておくとピカピカ光るので、どこにいるかわかります。また人間用には⑪「手回し式ラジオライト」があると便利だなと思ってグッズの中に入れました。停電で真っ暗な状態だと道の境目もわからなくなりますし、ウンチすら拾えないので。これだと電池も不用で、1分くらい回して充電をすれば、10分程度はライトがつきます。

あったら助かるが集まった防災グッズ「穴澤賢の犬のはなし」

穴澤:このハンドルを回すんですね。これでラジオも聞けるし、USBも付いているんですね!!

荒井:ちょっと頑張らないといけませんけど、携帯電話の充電にも使えます。電池は買おうと思っても売ってなかったりしますから。

あったら助かるが集まった防災グッズ「穴澤賢の犬のはなし」

穴澤:あっ、サイレンも付いてるんですね。これで自分の場所なんかも知らせることができるんですか。なかなかすぐれものですね。

 穴澤がいちばん感心したグッズが登場

次のページ

 穴澤賢の犬のはなし

バックナンバー

いぬねこ連載
もっと見る

[PR]


犬飼いの防災対策について考える~グッズ編(3) コラム いぬ /story_anaz/g6n2u9000000uftm-img/g6n2u9000000ufv1.jpg 1 「あったら助かる」が集まった防災グッズ完結編
犬飼いの防災対策について考える〜グッズ編(3)これまでに、もしものときに備えて『動物と共に避難するための準備と心構え』などを専門家の方に伺ったりしてきた。では、具体的にどんなグッズを備えておいたほうがいいのだろうか。今回はそのあたりのことついて、東日本大震災で救援活動も行ってきた「犬のしつけ教室DOLGY」の代表、荒井隆嘉さんに話を伺ってきた。今回は、前回に続きDOGLYプロデュースの防災グッ g6n2u9000000uftm
facebook
twitter