「いぬのきもち・ねこのきもち」がお届けする、かわいい犬・猫連載や画像・動画・キャンペーンなどの情報サイトです。

ロゴ:いぬのきもちねこのきもち

TOP

犬の情報

  • いぬのきもち
  • QA・図鑑
  • 保険

猫の情報

  • ねこのきもち
  • QA・図鑑
  • 保険
  • 動物病院

アプリ


穴澤賢の犬のはなし 穴澤賢の犬のはなし

犬飼いの防災対策について考える〜グッズ編(2)
犬飼いの防災対策について考える〜グッズ編「穴澤賢の犬のはなし」

これまでに、もしものときに備えて『動物と共に避難するための準備と心構え』などを専門家の方に伺ったりしてきた。では、具体的にどんなグッズを備えておいたほうがいいのだろうか。今回はそのあたりのことついて、東日本大震災で救援活動も行ってきた「犬のしつけ教室DOLGY」の代表、荒井隆嘉さんに話を伺ってきた。前回は、防災グッズをプロデュースするに至ったきっかけをお聞きしたが、今回はその内容の話。

実体験があるから納得のアイテム

犬飼いの防災対策について考える〜グッズ編「穴澤賢の犬のはなし」

写真右:犬のしつけ教室DOGLY代表 荒井隆嘉さん

前回までの話
 犬飼いの防災対策について考える〜グッズ編(1)

穴澤:震災での救援活動をもとにDOGLYがプロデュースをした防災グッズ、その中身について教えてください。

犬飼いの防災対策について考える〜グッズ編「穴澤賢の犬のはなし」

荒井:まずは①「非常用持ち出し袋」です。この中にこれから紹介する防災グッズ一式を入れて、玄関などに置いてすぐに持ち出せるようにできるようにしました。袋には名前や住所、緊急避難場所を書く欄があって、だれの持ち物かわかるようになっています。裏面には愛犬の写真をプリントしておきます。

犬飼いの防災対策について考える〜グッズ編「穴澤賢の犬のはなし」

穴澤:うちはそういうものをまったく用意していませんでした。

荒井:犬は保護したけれど、名前も住所もわからないということがあったので、愛犬の写真をプリントしておくのは、この防災袋がだれのものなのか、持ち主がだれなのかわかってもらうためです。さらに②が「ワンちゃん情報カード」でここに写真つきで細かい情報を書いておくといいでしょう。

犬飼いの防災対策について考える〜グッズ編「穴澤賢の犬のはなし」

穴澤:震災のときは首輪が取れてしまっていた犬が多かったそうですね。

荒井:そうなんですよ。それで、近所の人が首輪をしていない犬に一時的に違う首輪を付けていたりするケースもありました。「私の犬は赤い首輪をしているんです」と言って探しても実際は青い首輪をしていたりして、それが原因で何カ月も飼い主さんと出会えないケースもありましたから、首輪の色はあんまり信用できないです。

穴澤:うちの犬は2頭ともマイクロチップを入れていますが、それでもチップを読みとるリーダーがないとわからないですもんね。

荒井:はい。震災以降は増えたみたいですが、当時は石巻あたりでマイクロチップを入れている犬なんてほとんどいなかったと思うんです。

穴澤:そうですよね、僕も震災以降ですから。

犬飼いの防災対策について考える〜グッズ編「穴澤賢の犬のはなし」

荒井:震災が起きるまでは僕も飼い主が本気で探せばマイクロチップなんて必要ないんじゃないかと思っていたんですよ。でも、飼い主が亡くなってしまうと犬は自分の名前も言えないわけで、そうするとマイクロチップはすごく大切だなと考えるようになりました。とにかく、首輪だけでなく、二重三重に犬の情報をきちんと記しておくのはとても重要だと思います。

穴澤:たしかに。

 「なるほど」が連続して出てくる、防災グッズ

次のページ

 穴澤賢の犬のはなし

バックナンバー

いぬねこ連載
もっと見る

[PR]


犬飼いの防災対策について考える〜グッズ編(2) コラム いぬ /story_anaz/g6n2u9000000uf43-img/g6n2u9000000uf5i.jpg 1 これは役立つ!! 実体験から生まれた防災グッズの中身を紹介
犬飼いの防災対策について考える〜グッズ編(2)これまでに、もしものときに備えて『動物と共に避難するための準備と心構え』などを専門家の方に伺ったりしてきた。では、具体的にどんなグッズを備えておいたほうがいいのだろうか。今回はそのあたりのことついて、東日本大震災で救援活動も行ってきた「犬のしつけ教室DOLGY」の代表、荒井隆嘉さんに話を伺ってきた。前回は、防災グッズをプロデュースするに至ったきっか g6n2u9000000uf43
facebook
twitter