「いぬのきもち・ねこのきもち」がお届けする、かわいい犬・猫連載や画像・動画・キャンペーンなどの情報サイトです。

ロゴ:いぬのきもちねこのきもち

TOP

犬の情報

  • いぬのきもち
  • QA・図鑑
  • 保険

猫の情報

  • ねこのきもち
  • QA・図鑑
  • 保険
  • 動物病院

アプリ


穴澤賢の犬のはなし 穴澤賢の犬のはなし

犬飼いの防災対策を専門家に聞いてみた〜その2
穴澤賢の犬飼いの防災「Refuge(避難)」

少し前に、防災の日にちなんで日頃から心がけている防災対策について書いて欲しいと言われたのがきっかけで、実は『特別なことは何もしていない』ことに改めて気がついた。そこで、大吉と福ちゃんを引き連れて「動物と共に避難する」ための情報提供やサポートを行っているNPO法人「アナイス」の代表・平井潤子さんに話を聞きに行ってみた。前回は、アナイスの提唱する3つのRのうち「Ready(準備)」について話を伺った。

ペットとの避難を考える

穴澤賢の犬飼いの防災「Refuge(避難)」

NPO法人アナイス代表:平井潤子さん(写真左)

平井:災害があって避難したペットの中には、ショックで食べられなくなるこもいるんです。余震がある度にブルブル震えてしまって。だからメンタルのケアもすごく大切です。

穴澤:震災の後は、実際そういう犬が多かったと聞きました。

平井:飼い主さんといっしょにいるというのは、すごく大切なんですね。ボランティアやシェルターでどんなに手厚くするよりも。実際に三宅島噴火のときの話ですが、保護された犬の持病がどんどん悪くなってしまって。でも飼い主さんのところに戻って落ち着いてくると特別な治療が必要なくなるほどよくなってきたとか、そういうことって実際にあるんです。

穴澤:そうなんですね。

穴澤賢の犬飼いの防災「Refuge(避難)」

平井:だからどんなに快適な施設だったとしても、ペットにとっては家族のそばにいるのが一番なんです。

穴澤:東日本大震災のあと、しばらく経ってからですけど現地に行ってみたり、映画なんかでいろいろな話を見聞きしました。その中で犬といっしょに避難所まで行ったけど中には入れないからと外につないでおいたら津波が来て犬が流されてしまったとか、そういうケースがあったらしいですね。

平井:そんなことがあったんですか。

穴澤:状況的にはそうせざるを得なかったんだろうし、津波が来るなんてわからなかったんでしょうけど、そういう話を聞く中で、ペットとは絶対離れたらダメだなというのが僕の中であって。

平井:最近ではペット同伴で入れる避難所もありますけど、家族を亡くされた方や体調の悪い方が多いところへ、仮に「いいですよ」と言われてもペットを連れて入れる状況ではなかったりもしますから。

 自分で何とかするという発想も大切

次のページ

 穴澤賢の犬のはなし

バックナンバー

いぬねこ連載
もっと見る

[PR]


犬飼いの防災対策を専門家に聞いてみた〜その2 コラム いぬ /story_anaz/g6n2u9000000tbn0-img/g6n2u9000000tbof.jpg 1 ペットとの同行避難を考える
犬飼いの防災対策を専門家に聞いてみた〜その2少し前に、防災の日にちなんで日頃から心がけている防災対策について書いて欲しいと言われたのがきっかけで、実は『特別なことは何もしていない』ことに改めて気がついた。そこで、大吉と福ちゃんを引き連れて「動物と共に避難する」ための情報提供やサポートを行っているNPO法人「アナイス」の代表・平井潤子さんに話を聞きに行ってみた。前回は、アナイスの提唱する3つのR g6n2u9000000tbn0
facebook
twitter