「いぬのきもち・ねこのきもち」がお届けする、かわいい犬・猫連載や画像・動画・キャンペーンなどの情報サイトです。

ロゴ:いぬのきもちねこのきもち

TOP

犬の情報

  • いぬのきもち
  • QA・図鑑
  • 保険

猫の情報

  • ねこのきもち
  • QA・図鑑
  • 保険
  • 動物病院

アプリ


穴澤賢の犬のはなし 穴澤賢の犬のはなし

いかなるときも、犬は決して悪くない

犬と暮らしていくうえで困ったり悩んだりしても、必ず「犬が悪いわけじゃない」と思うようにしている。なぜなら……。

犬はそもそも人間社会のルールなんぞ知らない。そこを無理に適応してもらおうとしているのは人間だし、何よりも我が家に迎えたのは人間(自分)の意志であり、犬のほうから押しかけてきたわけではない。だからどんなことがあっても、犬は悪くないと思っている。

さて、福助だが、去勢手術直後の不信感もなんのその、我が家流に「雑」に接していたらいつの間にか不安そうな顔もなくなり、気がついたらえらい太っていた。これには理由があって、福助は1才くらいまでドライフードを食べさせようと思っていたが(成長期の栄養素をすべて手作りで補うのは至難の業なので)、隣の芝はなんとやらで大吉が福助のドライを食べたり、逆に福助が大吉用の手作りごはんを食べたりで、どっちがどれだけ何を食べたか把握するのが難しくなってきたため諦めて好きに食べさせていたら、福助だけがいつの間にか巨大化していた。

体高や体長は大吉のほうがひとまわり大きいが、体重は2キロも違わなくなってきた(大吉が11.5キロ前後で福助が9.8キロくらい)。我が家の歴代ワンコは基本的にスマートなので、太った犬ってなんだか新鮮。このデブ助、体の割に運動神経がかなりいい。走ったら速いし、ジャンプ力もすごい。大吉がそんなことをしたのは見たことがないが、福助はソファの背もたれ側からジャンプして、背もたれを飛び越えるかたちで、ちょこんと座ったりする。なので我が家では「動けるデブ」と呼んでいる。

 動けるデブ犬、福助がいろいろやらかした!!

次のページ

 穴澤賢の犬のはなし

バックナンバー

いぬねこ連載
もっと見る

[PR]


いかなるときも、犬は決して悪くない コラム いぬ /story_anaz/g6n2u9000000suoj-img/g6n2u9000000supy.jpg 1 巨大化した福助の破壊力に…参りました。
いかなるときも、犬は決して悪くない犬と暮らしていくうえで困ったり悩んだりしても、必ず「犬が悪いわけじゃない」と思うようにしている。なぜなら……。犬はそもそも人間社会のルールなんぞ知らない。そこを無理に適応してもらおうとしているのは人間だし、何よりも我が家に迎えたのは人間(自分)の意志であり、犬のほうから押しかけてきたわけではない。だからどんなことがあっても、犬は悪くないと思っている。さて、福助 g6n2u9000000suoj
facebook
twitter