「いぬのきもち・ねこのきもち」がお届けする、かわいい犬・猫連載や画像・動画・キャンペーンなどの情報サイトです。

ロゴ:いぬのきもちねこのきもち

TOP

犬の情報

  • いぬのきもち
  • QA・図鑑
  • 保険

猫の情報

  • ねこのきもち
  • QA・図鑑
  • 保険
  • 動物病院

アプリ


穴澤賢の犬のはなし 穴澤賢の犬のはなし

犬用レインコートをオーダーメイドしてみた〜その1

大吉と福助のレインコートをオーダーメイドで作りたいと辿り着いたのはネットショップを中心に犬用レインコートを販売している「atelier Noka(アトリエノカ)」さん。せっかくなので採寸ついでに代表の矢作直子さんに話を伺ってみたら、意外に面白い展開に……?

電車の中で思い立ち、派遣を辞める

穴澤:矢作さんはいつから犬用のレインコートを作っているんですか?

矢作:3年くらい前です。

穴澤:それまでは何をしていらしたのでしょう。

矢作:派遣社員として、事務職をやってました。

穴澤:それがまたなぜ突然犬用のレインコートを作ることに?

矢作:うちで柴を飼っていて、雨の日の散歩用にレインコートを探したんですが、あんまり気に入るものがなくて、買ってみても撥水性がすぐになくなってしまったりして。あとは、レインコートを着せると嫌がって歩かなくなったり。

穴澤:わかります。大吉も後ろ足に巻くタイプのレインコートだと歩かなくなったりしますから。

矢作:そのときは自分で作ろうとは全然思わずに、ただ犬用のレインコートのいいのってあまりないんだなぁと思っていたんです。

穴澤:たしかにあんまりないんです。

矢作:それから何カ月も経ったある日、電車に乗っていて、そのとき私がたまたま綺麗な色のオレンジのキルティング地のジャケットを着ていたんです。『あ、綺麗な色で犬用のレインコートを作ったらどうだろう』と思って作りはじめました(笑)

穴澤:それまで裁縫はやってたんですか?

矢作:裁縫は好きだったので自分用のスカートとかバッグを作ったりはしていましたが、学校に通ってきちんと勉強してとか、そういうのはまったくしてません。

穴澤:それで派遣を辞めて、作り始めたと。

矢作:はい。

穴澤:なんもないところからですよね、ネット通販のノウハウとかもないわけでしょ。

矢作:ええ、まったく。

穴澤:思い立ってどのくらいで派遣を辞めて、どのくらいでお店を立ち上げたんですか。

矢作:電車の中で思い立ったのが2011年の1月ころで、派遣を辞めたのは3月末ですね。それで3カ月くらい準備をして、7月12日にネットショップを立ち上げました。

穴澤:すごい!

矢作:派遣社員のときは3カ月ごとの更新だったので、ずっと不安だったんですね。なんかやりたいなとは思ってはいたんですけど、特別何もなかったのでそのまま働いていたんですけど。

穴澤:僕も昔、派遣の仕事をやってたからわかります。突然仕事がなくなる不安はありましたよ。実際、一緒に働いている人が更新されなかったり。次は俺かもしれないぞ、みたいな(笑)

 atelier Nokaのレインコートはどうやって生まれたのか。

次のページ

 穴澤賢の犬のはなし

バックナンバー

いぬねこ連載
もっと見る

[PR]


犬用レインコートをオーダーメイドしてみた〜その1 コラム いぬ /story_anaz/g6n2u9000000ry19-img/g6n2u9000000ry2o.jpg 1 シンプルで機能的!! これまでにない犬用レインコートの制作秘話って?
犬用レインコートをオーダーメイドしてみた〜その1大吉と福助のレインコートをオーダーメイドで作りたいと辿り着いたのはネットショップを中心に犬用レインコートを販売している「atelier Noka(アトリエノカ)」さん。せっかくなので採寸ついでに代表の矢作直子さんに話を伺ってみたら、意外に面白い展開に……?電車の中で思い立ち、派遣を辞める穴澤:矢作さんはいつから犬用のレインコートを作っているんです g6n2u9000000ry19
facebook
twitter