「いぬのきもち・ねこのきもち」がお届けする、かわいい犬・猫連載や画像・動画・キャンペーンなどの情報サイトです。

ロゴ:いぬのきもちねこのきもち

TOP

犬の情報

  • いぬのきもち
  • QA・図鑑
  • 保険

猫の情報

  • ねこのきもち
  • QA・図鑑
  • 保険
  • 動物病院

アプリ


穴澤賢の犬のはなし 穴澤賢の犬のはなし

2頭目を迎えて〜福ちゃんの気持ち〜その2

福助が来て一週間が過ぎたころから、それまでのただ優しく接するだけの態度から、我が家流に切り替えてみた。とはいえこちらも怯える犬への接し方などわからないので、手探りだったけれど……。

日を追うごとに福助との距離は少しずつ縮まっていると思うのだが、優しいだけではなんとなくそれ以上の関係になれないような気がした。というか、気を使って優しくするのが面倒になっただけかもしれない。猫なで声で「怖くないよぉ〜」とか言ってるのがばかばかしくなってきた。そもそも怖がらせたり嫌がることをしてやろうなんて意識はまったくないのだ。もう我が家が怖い場所ではないことはわかっただろうし、だったらふつうに接したほうがいいと思ったのだ。

そんなわけで、体に触ったときに福助が牙をむいて噛みつこうとしたら「はいはい、どうぞ」と口に手を突っ込むようにしてみた。噛むことが目的ではないのはわかっているし、犬の口の構造上、手を突っ込まれると本気で噛もうとしても噛めない。

福助からしたら触ってほしくないだけだと思うが、いつまでもそんなことは言ってられない。我が家に来たからには「この人に抵抗しても無駄」だと思ってもらわないと。それに全身どこを触っても嫌がらないようになってもらわないと健康管理の面でも支障をきたす。何より付き合いにくい。だから悪いがそこは諦めてくれ、と思いつつ嫌がるからといってやめたりしないようにした。やめないのだが、あまりしつこくはしない、そのあたりの感覚は本当に福助の態度を見ながら「今日はこのくらいにしといたるわ」という感じだった。

 次ページ

次のページ

 穴澤賢の犬のはなし

バックナンバー

いぬねこ連載
もっと見る

[PR]


2頭目を迎えて〜福ちゃんの気持ち〜その2 コラム いぬ /story_anaz/g6n2u9000000rf4z-img/g6n2u9000000rf6e.jpg 1 心の傷を抱える新入り犬・福助と心を通わせるための穴澤さんの接し方とは?
2頭目を迎えて〜福ちゃんの気持ち〜その2福助が来て一週間が過ぎたころから、それまでのただ優しく接するだけの態度から、我が家流に切り替えてみた。とはいえこちらも怯える犬への接し方などわからないので、手探りだったけれど……。日を追うごとに福助との距離は少しずつ縮まっていると思うのだが、優しいだけではなんとなくそれ以上の関係になれないような気がした。というか、気を使って優しくするのが面倒になっただけ g6n2u9000000rf4z
facebook
twitter