「いぬのきもち・ねこのきもち」がお届けする、かわいい犬・猫連載や画像・動画・キャンペーンなどの情報サイトです。

ロゴ:いぬのきもちねこのきもち

TOP

犬の情報

  • いぬのきもち
  • QA・図鑑
  • 保険

猫の情報

  • ねこのきもち
  • QA・図鑑
  • 保険
  • 動物病院

アプリ


穴澤賢の犬のはなし 穴澤賢の犬のはなし

Vol.55 大吉の寝相

寝ているときに触っても起きない犬がいることは、大人になってから知った。子どものころ実家で飼っていた犬はいつも玄関の犬小屋にいて、眠っていても誰かが近づくと必ず起きた。警戒しているというよりは、かまってもらえると喜んでいたのかもしれない。だから、熟睡している犬の姿を見たことがなかった。

大人になってからはじめていっしょに暮らした犬は違った。昔と違って家の中、といっても狭い1DKだったが、部屋の中では自由にさせていたので、飼っているというよりは同居人という感じだった。いつもいっしょにいるので気が緩んだのか、眠っているときにちょっと触ったくらいでは起きなかった。

ただし、その富士丸という犬が熟睡するのはだいたい自分専用のベッドだけで、人間と添い寝するようなことはなかった。仮に添い寝しようとしても、少しするとさっと自分用の寝床へ行ってしまう。やはりそこは多少なりとも野生の血が残っていて、触られるくらいならかまわないが、無防備な体勢で長時間人と接するのは避けようとするのかもしれないと思っていた。

富士丸と暮らしはじめたころは、厳しくするところは厳しくしなければいけないという意識があったため、子犬のときから人間用のベッドにあげたりせず、自分用のベッドで寝るようしつけたせいもあったのかもしれない。やつが大人になってからは別にどうでもよくなってきて、人間用のベッドに勝手にあがっていようが怒ったりしなくなっていたが、そこでいっしょに眠ったりすることはなかった。男同士で気持ち悪い部分もあるが、それだけはちょっとだけ残念だったかなと思う。

 次ページ

次のページ

 穴澤賢の犬のはなし

バックナンバー

いぬねこ連載
もっと見る

[PR]


Vol.55 大吉の寝相 コラム いぬ /story_anaz/g6n2u9000000oi4f-img/g6n2u9000000oi5t.jpg 1 犬によって寝相は違うのか?
Vol.55 大吉の寝相寝ているときに触っても起きない犬がいることは、大人になってから知った。子どものころ実家で飼っていた犬はいつも玄関の犬小屋にいて、眠っていても誰かが近づくと必ず起きた。警戒しているというよりは、かまってもらえると喜んでいたのかもしれない。だから、熟睡している犬の姿を見たことがなかった。大人になってからはじめていっしょに暮らした犬は違った。昔と違って家の中、といっても狭い1 g6n2u9000000oi4f
facebook
twitter