「いぬのきもち・ねこのきもち」がお届けする、かわいい犬・猫連載や画像・動画・キャンペーンなどの情報サイトです。

ロゴ:いぬのきもちねこのきもち

TOP

犬の情報

  • いぬのきもち
  • QA・図鑑
  • 保険

猫の情報

  • ねこのきもち
  • QA・図鑑
  • 保険
  • 動物病院

アプリ


穴澤賢の犬のはなし 穴澤賢の犬のはなし

犬・猫と暮らすこと Vol.5 でかおの絵本について

私事ですが、僕は昨年『明日もいっしょにおきようね 捨て猫でかおのはなし』という絵本をつくりました。顔がでかいから「でかお」と名付けられた猫と、ノリコさんの実話を元にした絵本です。すでに読んでくださった方もいるかと思いますが、今回はこの絵本に込めた願いなどについて語ってみたいと思います。5回目にしていきなり「猫のはなし」になってるやん、と思うかもしれませんが、犬にも関係があるので少々お付き合いいただければ幸いです。

なぜ絵本にしたかったのか

きっかけはあるウェブ媒体でした。知り合いを通じて「奇跡の猫がいる」という話を耳にして取材に訪れたのでした。実際に話を聞いて、でかおにも会って、それを記事にまとめたのが2010年の夏のこと。でもそれだけでは、なんだかもったいないような気がしたのです。というのも、インターネットの性質上、たとえ話題になったとしても一過性のものだから。だから、何かの形にして残したいと思っていました。

ネタバレになりますが「でかおのはなし」とは、簡単にいえば「保健所で殺されかけたけど奇跡的に助かった猫の物語」。文章にすればたった一行の話です。でもそこには、今のペットブームや、その影にある殺処分問題、少しでも不幸な犬猫を減らそうとボランティアで活動する人たち、仕事だからと仕方なく日々の業務をこなす保健所の職員の気持ちなど、さまざまな要素が絡んでいるように思えたのです。

僕は人には冷たいですが、犬や猫にはわりかし優しい人間です。なので、人間の都合だけでわけもわからず殺されている犬や猫が不憫で仕方ない。少しでもそうした不幸な犬や猫を減らしたい。そのためにはどうすればいいんだろうかと考えたりすることがあります。

ただ、こういう問題に心を痛めているのは、たいてい犬猫好きで、自分が一緒に暮らしている犬猫を捨てたりなんかしない人なんですね。平気で捨てたりする人には、いくら言っても届かない。そんなジレンマがずっとあったのです。

 でかおの絵本について<後編>

次のページ

 穴澤賢の犬のはなし

バックナンバー

いぬねこ連載
もっと見る

[PR]


犬・猫と暮らすこと Vol.5 でかおの絵本について【穴澤賢の犬のはなし】 コラム いぬねこ /story_anaz/g6n2u90000004rrs-img/g6n2u9000000kqd2.jpg 1 私事ですが、僕は昨年『明日もいっしょにおきようね 捨て猫でかおのはなし』という絵本をつくりました。
犬・猫と暮らすこと Vol.5 でかおの絵本について私事ですが、僕は昨年『明日もいっしょにおきようね 捨て猫でかおのはなし』という絵本をつくりました。顔がでかいから「でかお」と名付けられた猫と、ノリコさんの実話を元にした絵本です。すでに読んでくださった方もいるかと思いますが、今回はこの絵本に込めた願いなどについて語ってみたいと思います。5回目にしていきなり「猫のはなし」になってるやん、と思うか g6n2u90000004rrs
facebook
twitter