「いぬのきもち・ねこのきもち」がお届けする、かわいい犬・猫連載や画像・動画・キャンペーンなどの情報サイトです。

ロゴ:いぬのきもちねこのきもち

TOP

犬の情報

  • いぬのきもち
  • QA・図鑑
  • 保険

猫の情報

  • ねこのきもち
  • QA・図鑑
  • 保険
  • 動物病院

アプリ


穴澤賢の犬のはなし 穴澤賢の犬のはなし

Vol.47 カンタン(適当)写真講座〜最終回

4回に渡ってカメラと写真について話してきたが、今回はその締めくくり。「ちょっとした知識があれば、写真はぐっとよくなる」というのはこれまで述べてきたとおり。そして「いいカメラを使えばさらによくなるよ」というのもこれまた事実(少なくとも個人的にはそう思う)。そこで「よし、私も一眼レフを買うぞ!」と思った人のために(またはミラーレス一眼)、実はレンズも大切だよという話を最後にしておきたい。

レンズの種類と違い

まず、レンズには大きく分けて「標準」「広角」「望遠」の3種類がある。こまかい説明は抜きにして、ひとまず最初に紹介した私の使用機材から本体とレンズだけピックアップしてみた。今持っているのは、この3つ。

カメラ本体についているのが、「(1) SIGMA 30mm F1.4 EX DC HSM」、真ん中が「(2) SIGMA 17-70mm F2.8-4 DC MACRO OS HSM」、そして右端が「(3) Canon EF-S 10-22mm F/3.5-4.5 USM」というレンズ。紹介した順番に、「標準」「標準〜広角」「広角〜超広角」となっている。ひとまず、それぞれの違いを実際の写真で見てもらった方がわかりやすいと思う。大吉から1メートルほど離れた位置から、レンズだけを交換して撮影してみるとこうなる。

まったく同じ位置から撮影しても、レンズが違うとこうなる。このうち、上から2枚が「標準」、その下の2枚が「広角」、最後の1枚が「超広角」と呼ばれます。要するに、撮影したときに切り取る画の広さが違うわけです。その広さのことを「画角」と呼びます。

ちなみに望遠レンズは持っていない。なぜなら望遠レンズは基本的に遠く離れた被写体を拡大して撮影するもので、主に犬を撮る場合、ドッグランは別としてそんなに離れて撮影する場面はほとんどないから(野鳥とか子どもの運動会とか撮るにはいいと思う)。そして、ブログなどではSIGMA 30mmとSIGMA 17-70mmを主に使っている。

自分に合ったレンズとは

ではどんなレンズを選べばいいのか。犬や猫を主に撮る場合なら、単純にその被写体の大きさによると思う。たとえば室内で大型犬を撮影する場合、標準レンズだと画角が限られているし、そんなに離れて撮れないので顔のアップばかりになってしまう。なので体全体を写したいときは広角レンズのほうが向いている。

実際「富士丸な日々」ではSIGMA 17-70mmの広角寄り(数字が小さいほう)をもっとも多く使っていたと思う。でも小型犬だと被写体が小さい分、標準レンズだけでも全体をとらえることができるのでそれほど困らない。大吉は中型犬で近い距離で撮ることが多いので、顔だけでいいときは標準、体も入れたいときは広角寄り、となんとなく使い分けている。

ちなみに、SIGMA 17-70mmのように数字に幅があるものは、画角が変えられる。これをズームレンズと呼ぶ。コンパクトデジカメや、一眼レフでも標準キットのようにカメラ本体に付属のレンズは3〜4倍くらいの標準ズームレンズがついているので、それだけでも別に困らないといえば困らない。

 初心者ペットブロガーのためのカンタン(適当)写真講座〜最終回<後編>

次のページ

 穴澤賢の犬のはなし

バックナンバー

いぬねこ連載
もっと見る

[PR]


Vol.47 カンタン(適当)写真講座〜最終回 コラム いぬ /story_anaz/g6n2u9000000nhe8-img/g6n2u9000000nhfl.jpg 1 ここまで読んだあなた、写真スキルがあがるはず
Vol.47 カンタン(適当)写真講座〜最終回4回に渡ってカメラと写真について話してきたが、今回はその締めくくり。「ちょっとした知識があれば、写真はぐっとよくなる」というのはこれまで述べてきたとおり。そして「いいカメラを使えばさらによくなるよ」というのもこれまた事実(少なくとも個人的にはそう思う)。そこで「よし、私も一眼レフを買うぞ!」と思った人のために(またはミラーレス一眼)、実はレンズも大 g6n2u9000000nhe8
facebook
twitter