「いぬのきもち・ねこのきもち」がお届けする、かわいい犬・猫連載や画像・動画・キャンペーンなどの情報サイトです。

ロゴ:いぬのきもちねこのきもち

TOP

犬の情報

  • いぬのきもち
  • QA・図鑑
  • 保険

猫の情報

  • ねこのきもち
  • QA・図鑑
  • 保険
  • 動物病院

アプリ


穴澤賢の犬のはなし 穴澤賢の犬のはなし

Vol.46 初心者ペットブロガーのためのカンタン(適当)写真講座〜その4

ペットブログの初心者に向けて写真の撮り方やコツなどをアドバイスする勝手に始めたこのコーナー。ちなみに、これはあくまでも自己流であり、プロのカメラマンでもなんでもないので、すごく適当です。
さて、前回は「絞り優先モード」と「シャッタースピード優先」のだいたいの使い方について解説してみたが、今回はその補足と、その他の設定も大切だよということを述べていきたい。

比較的暗い室内での撮影術

まず大前提として頭に入れておいてもらいたいのが「写真は自然光で撮るべし」ということ。プロ仕様の照明を持っているわけでもないので、室内ではなるべく昼間の明るいときに撮影することをオススメします。素人の場合、そのほうが自然で綺麗な写真になるのでね。

自然光で撮影、後ろのブランケットを片付け忘れている…

とはいっても、昼間に撮影できない場合もあるし、北向きで昼間でも陽の光がほとんど入らなかったり(「富士丸な日々」のころに住んでいた部屋がまさに北向きだった)、夜に撮影したい場面があると思うので、ここではそういう比較的暗めな室内での撮影方法をいくつか紹介していきたい。

シャッタースピードを遅くする

前回書いたように、シャッタースピード優先モードにしてシャッタースピード遅くすることでなるべく光を多く取り込み、明るい写真にする方法。ただしこれには欠点も。シャッタースピードを遅くすると、それだけブレやすくなるという点。素人の場合、だいたいシャッタースピードが1/60秒以下になるとブレる、と覚えておこう。

シャッタースピードが1/60秒・夜の室内・天井の照明がついた状態で撮影

ISO感度を上げる

60D(一眼レフ)のISO設定画面

みなさんが持っているデジカメには必ず「ISO感度」を設定できるようになっている。難しいことはおいといてISO感度(イソ、またはアイエスオー)の数字が大きければ大きいほど明るくなる、と覚えておこう。シャッタースピードを1/60秒にしても暗いとき、またはISO感度だけでも明るくすることができる。ただし、あげすぎると画像がザラザラっとした感じになってしまう欠点があるが、最近のデジカメであればほとんど気にならないレベルだと思うので、どれくらい違うかいろいろ試してみよう。

シャッタースピード1/60・ISO感度320 これだと暗い

露出をあげる

60D(一眼レフ)の露出設定画面

これもどんなデジカメにも付いている機能で、露出補正というもの。設定方法は機種によって違うのでマニュアルを見てもらうとして、露出を「+」にあげていくと明るくなり、「−」にすると暗くなるというシンプルに覚えておくとよい。

シャッタースピード1/60・ISO感度800 露出補正+1 明るくなったけどピンぼけでアウト

シャッタースピード1/60・ISO感度6400 露出補正+1 ちょっと明るすぎる

 初心者ペットブロガーのためのカンタン(適当)写真講座〜その4<後編>

次のページ

 穴澤賢の犬のはなし

バックナンバー

いぬねこ連載
もっと見る

[PR]


初心者ペットブロガーのためのカンタン(適当)写真講座4 コラム いぬ /story_anaz/g6n2u9000000ncv0-img/g6n2u9000000ncwd.jpg 1 屋内で上手に撮影するポイント
Vol.46 初心者ペットブロガーのためのカンタン(適当)写真講座〜その4ペットブログの初心者に向けて写真の撮り方やコツなどをアドバイスする勝手に始めたこのコーナー。ちなみに、これはあくまでも自己流であり、プロのカメラマンでもなんでもないので、すごく適当です。 さて、前回は「絞り優先モード」と「シャッタースピード優先」のだいたいの使い方について解説してみたが、今回はその補足と、その他の設定も大 g6n2u9000000ncv0
facebook
twitter