「いぬのきもち・ねこのきもち」がお届けする、かわいい犬・猫連載や画像・動画・キャンペーンなどの情報サイトです。

ロゴ:いぬのきもちねこのきもち

TOP

犬の情報

  • いぬのきもち
  • QA・図鑑
  • 保険

猫の情報

  • ねこのきもち
  • QA・図鑑
  • 保険
  • 動物病院

アプリ


穴澤賢の犬のはなし 穴澤賢の犬のはなし

Vol.41 ミグノンってどんな団体? 〜その3〜

東京都動物愛護相談センターから犬や猫、うさぎまで受け入れ新たな飼い主を探す活動をしている「一般社団法人 ランコントレ・ミグノン」。前回は団体の代表である友森玲子さんに団体ができるまでのお話を伺いました。今回は、保護活動を行うスタンスについてお聞きします。

写真右より、一般社団法人 動物愛護団体 Rencontrer Mignon代表友森玲子さん、穴澤
東京・渋谷ヒカリエで2013年11月29日(金)〜12月8日(日)まで開催されていた『mignon写真展』会場にて取材をしました

穴澤:犬猫の殺処分の問題って、どこかで折り合いをつけながらやらないとしんどいと思うんです。あと、愛護団体の人が施設に収容された犬猫を救いたいと思って活動しているのはいいのですが、実際にその犬や猫を引き取る人が「救ってあげたい」と思うのはちょっと違うんじゃないかと思うんです。

友森:私もそう思います。かわいそうだからじゃなくて「やったー!このこが来てくれて楽しい!」と思ってくれる人に引き取っていただきたいです。

穴澤:かわいそうだからもらってあげるというのは、なんかね。同情で犬や猫を飼うのは違うような気がして。

友森:病気だろうが年だろうが、その犬や猫に魅力を感じたのなら、きっと楽しく暮らせると思います。

穴澤:僕は中途半端な同情をかけるくらいなら、一切かけないほうがいいと常々思っているんです。前に飼っていた富士丸も、今いる大吉も、同情からもらったわけじゃないですから。「こいつが来てくれてよかったぁ」と心底思っていますし。だからこの手の話を悲壮感たっぷりに語るのがあまり好きじゃないんです。

友森:私もそう思っていて、その違和感をどこかで感じながらやっています。必ずしも「かわいそうな犬や猫たちをどうか救ってあげてください」という気持ちではないですね。

穴澤:そういう悲惨な現実があるのは事実だし、なんとかしないといけないけど「かわいそうだから」が前面に出ていると僕はちょっと引いてしまうんです。

友森:そうですね。なのでボランティア活動も趣味的に楽しくやるのがミグノンとしての理想的なスタイルです。もちろん殺処分がゼロになってほしいと思います。でもそれは理想論であって、まずは自分にできる目の前のことを無理のない範囲でやっていったほうがいいというスタンスです。

穴澤:そのあたり、ミグノンはいい温度ですよね。

 ミグノンってどんな団体? 〜その3〜<後編>

次のページ

 穴澤賢の犬のはなし

バックナンバー

いぬねこ連載
もっと見る

[PR]


Vol.41 ミグノンってどんな団体? 〜その3〜 コラム いぬ /story_anaz/g6n2u9000000mv5m-img/g6n2u9000000mv6z.jpg 1 保護団体としてのスタンスについて
Vol.41 ミグノンってどんな団体? 〜その3〜東京都動物愛護相談センターから犬や猫、うさぎまで受け入れ新たな飼い主を探す活動をしている「一般社団法人 ランコントレ・ミグノン」。前回は団体の代表である友森玲子さんに団体ができるまでのお話を伺いました。今回は、保護活動を行うスタンスについてお聞きします。写真右より、一般社団法人 動物愛護団体 Rencontrer Mignon代表友森玲子さん、 g6n2u9000000mv5m
facebook
twitter