「いぬのきもち・ねこのきもち」がお届けする、かわいい犬・猫連載や画像・動画・キャンペーンなどの情報サイトです。

ロゴ:いぬのきもちねこのきもち

TOP

犬の情報

  • いぬのきもち
  • QA・図鑑
  • 保険

猫の情報

  • ねこのきもち
  • QA・図鑑
  • 保険
  • 動物病院

アプリ


穴澤賢の犬のはなし 穴澤賢の犬のはなし

また犬と暮らしはじめた Vol.4 また犬と暮らして〜その2

犬と長く暮らしたことのある人ならわかると思うが、ある時期から犬が人にしか見えなくなることがある。変に擬人化しているという意味ではない。四六時中いっしょにいるもんだから、犬が何を考えているかだいたいわかるようになるし、しぐさや表情が妙に人っぽくなってくる(ように見える)のだ。犬の方も、気の利かない人間よりは空気を読むようになる。もちろん頭では犬だとわかっている。それでも心の中では「人」になってしまうのだ。

そういう意味では、大吉はまだ「わんこ」だ。富士丸は、完全に人だった。別に富士丸が特別な犬だったとは思わない。長い時間をかけて、お互いの関係からそうなったのだ。大吉は、これから少しずつそういう存在になっていくのだろう。そうなったとしても、富士丸は富士丸で、大吉は大吉だ。どちらがどう、ということもない。当たり前だが、別の犬だ。

ペットロスになった人は、大きく3つのパターンに分かれるんじゃないだろうか。ひとつはすぐにまた別の犬や猫を迎える人。もうひとつは、二度と飼わない人。そして、何年か後にまた飼う人。個人的には、もう二度と飼わないだろう、少なくとも3年はないと思っていたはずなのに、2年ちょっとで大吉をもらってしまうという展開になった。どのパターンがいいのかなんてわからない。そんなのは人それぞれだからだ。

だからペットロス経験者だといっても、アドバイスできることなど実は何もない。ただひとつ言えるとしたら、いくら人からすすめられても、自分で「そうしたい」と思うまでやらない方がいいということだろうか。いつまでもこのままでいいんだろうかと焦ったりするけれども、焦る必要はないと思う。何事も自分で決めた方がいい。悲しみの深さも人それぞれだし、当人にしかわかり得ない気持ちもあるはずだから。またペットロスとは、乗り越えるようなものではないとも思う。

 また犬と暮らして〜その2(後編)

次のページ

 穴澤賢の犬のはなし

バックナンバー

いぬねこ連載
もっと見る

[PR]


また犬と暮らしはじめた Vol.4 また犬と暮らして〜その2【穴澤賢の犬のはなし】 コラム いぬ /story_anaz/g6n2u90000002zx5-img/g6n2u9000000kqbi.jpg 1 犬と長く暮らしたことのある人ならわかると思うが、ある時期から犬が人にしか見えなくなることがある。
また犬と暮らしはじめた Vol.4 また犬と暮らして〜その2犬と長く暮らしたことのある人ならわかると思うが、ある時期から犬が人にしか見えなくなることがある。変に擬人化しているという意味ではない。四六時中いっしょにいるもんだから、犬が何を考えているかだいたいわかるようになるし、しぐさや表情が妙に人っぽくなってくる(ように見える)のだ。犬の方も、気の利かない人間よりは空気を読むようになる。もちろん g6n2u90000002zx5
facebook
twitter