「いぬのきもち・ねこのきもち」がお届けする、かわいい犬・猫連載や画像・動画・キャンペーンなどの情報サイトです。

ロゴ:いぬのきもちねこのきもち

TOP

犬の情報

  • いぬのきもち
  • QA・図鑑
  • 保険

猫の情報

  • ねこのきもち
  • QA・図鑑
  • 保険
  • 動物病院

アプリ


穴澤賢の犬のはなし 穴澤賢の犬のはなし

Vol.36 「犬と食事を考える」のその後〜2

以前、この連載で「犬と食事を考える」と題して5回に渡ってペット栄養コンサルタントの奈良なぎささんに話を伺いましたが、実はあのあと実際に大吉の食事について正式に「食事指導」をお願いしておりました。前回は3カ月の食事指導の報告でしたが、今回は犬の食事嗜好性などに話題が展開します。

穴澤:今回、大吉の食事指導をしていただいている中で感じたのですが、犬って僕が思っていたよりも嗜好性とか飽きとかに左右されてないんじゃないかと。もっと本能というか、自分の体に必要な栄養を摂るために食べているんじゃないかと思ったんです。

奈良:本来は人間も同じだと思いますよ。そもそも食事は生きるために必要なものなので、心身ともに健全であれば、身体が体調に合わせて食べるべきものを教えてくれるんです。

穴澤:確かにそうですね。

奈良:また嗜好性には、本来の食性に基づくものと経験によって学習したものがあります。ヒトの場合は経験による嗜好性が強いため、犬もそうだと思ってしまうんですね。犬は基本肉食なので「脂肪のにおいがしてアミノ酸の味がする」食べ物を好みます。そのため、脂肪臭が高いほどおいしそうに感じてしまいます。

穴澤:みたいですね。それで脂肪を摂りすぎて消化にエネルギーを使いすぎてしんどくなると食べなくなる、というのを大吉は自分でやっていたわけで、別に同じメニューに飽きたから、とかそういう次元の話じゃなかったんだと。

奈良:「消化にエネルギーを使いすぎてしんどくなる」というよりも、必要以上に脂肪を摂った結果「肝臓で脂肪が処理しきれていない状態」です。大吉君は自分で食べたり食べなかったりすることで、肝臓を休めていたのが幸いでした。ただ、ヒトでいえば「何となく空腹感がわかない」といった状態が続いていたのだと思います。

穴澤:そうかもしれませんね。

奈良:また、飼い主さんが考える「犬の好きな食べ物」ですが、それは「飼い主さんが好きな食べ物」だったりすることが多いんです。甘いものが好きな飼い主さんは、当然そういった食べものを食べる頻度が高く、それを食べるとき犬が欲しそうに見ていると「うちの犬は甘いものが好きなんだ」といったように。

穴澤:たしかに。

奈良:そう考えると、飼い主さんが考える犬の嗜好性と犬自身の嗜好性はずいぶんかけはなれたところにあると気づきますね。

 「犬と食事を考える」のその後〜2<後編>

次のページ

 穴澤賢の犬のはなし

バックナンバー

いぬねこ連載
もっと見る

[PR]


Vol.36 「犬と食事を考える」のその後〜2 コラム いぬ /story_anaz/g6n2u9000000m8kg-img/g6n2u9000000m8lt.jpg 1 栄養相談のその後
Vol.36 「犬と食事を考える」のその後〜2以前、この連載で「犬と食事を考える」と題して5回に渡ってペット栄養コンサルタントの奈良なぎささんに話を伺いましたが、実はあのあと実際に大吉の食事について正式に「食事指導」をお願いしておりました。前回は3カ月の食事指導の報告でしたが、今回は犬の食事嗜好性などに話題が展開します。穴澤:今回、大吉の食事指導をしていただいている中で感じたのですが、犬って僕 g6n2u9000000m8kg
facebook
twitter