「いぬのきもち・ねこのきもち」がお届けする、かわいい犬・猫連載や画像・動画・キャンペーンなどの情報サイトです。

ロゴ:いぬのきもちねこのきもち

TOP

犬の情報

  • いぬのきもち
  • QA・図鑑
  • 保険

猫の情報

  • ねこのきもち
  • QA・図鑑
  • 保険
  • 動物病院

アプリ


穴澤賢の犬のはなし 穴澤賢の犬のはなし

Vol.29 HAPPY MUSIC FESTA 2013レポート

この連載で実行委員にインタビューした「HAPPY MUSIC FESTA」が2013年9月23日、千葉・舞浜アンフィシアターで開催されました。少し遅くなりましたが、今回はイベント当日の様子をスタッフ視点でお伝えしようと思います。

HAPPY MUSIC FESTAは、音楽を通じて犬猫の殺処分ゼロを目指すという趣旨なので、毎年、会場にはアーティストの飼っている犬猫の写真や、犬猫好きアーティストのコメント、写真パネルの展示、そのほか会場の外では保護団体による飼い主さん探しなどが行われています。さらに今年は、海外で高く評価されているアーティスト「MireyHIROKI(ミレイヒロキ)」による巨大犬小屋をモチーフにしたオブジェのライブペインティングも行われました。

ライブペインティングが行われる前の犬小屋は真っ白。これがどう彩られたかは後半にご紹介します。

会場の外では複数の保護団体が活動の模様を紹介しています。多くの人が団体の方のお話に耳を傾けていました

このような展示物を見てもらうことで、単純に音楽を楽しみに来た人たちにも、犬や猫の現状について少しでも興味を持ってもらえたらいいなという願いが込められているわけですが、パネルや木枠を貼ったり組み立てたりしているのが、私たち実行委員とボランティアスタッフです。

出演者と賛同者が動物へのメッセージを込めたパネル展示の様子

朝8時に会場前に集合し、トラックから資材を搬入して組み立て、パネルに両面テープを貼ってせっせと準備するわけです。慣れない力仕事でおっさんは開場前にもうへとへと。ちなみに、巨大犬小屋の内側のビス止めは私がやりました。そして、アーティストが飼っている犬猫の写真やコメントが貼ってあったボードに、さりげなく大吉の写真パネルを忍び込ませていたのも私の仕業です。コメントも何も書いていないので、大吉を知らない人はきっと「なんだこの左右の耳のバランスの悪い犬は」と思ったことでしょう。

しかし毎回パネルを貼るときに困るのが、両面テープの強度です。パネルはまた使用するものなので、貼った両面テープをあとでキレイにはがさなくてはいけない。粘着力が強いと、はがすのが大変なんです。しかも会場の壁に直接貼る場合、あまり強力だとはがすときに壁材を傷める可能性がある。かといって、粘着力が弱いと途中で落ちたりする。このさじ加減と両面テープのチョイスが非常に難しいわけです。結局、毎回途中で何枚かパネルがゴトンと落ちたりして、その度に慌てて補強したりしているんですが、何かいい方法はないもんでしょうか。

開場と同じタイミングで始まったMireyHIROKIさんのライブペインティングの様子。少しずつ犬小屋に絵が描かれています

と、うっかり全然関係ないことを書いてしまいました。失礼。とまぁそのような涙ぐましい苦労の甲斐もあって、今年も会場を訪れてくれた多くの人が写真パネルの前で立ち止まったり、真剣な表情でコメントを読んだりしておりました。おそらく犬や猫を飼ったことのない人は、捨てられる犬猫が今も数多くいる現状や、新しい飼い主募集という方法があることも知らないだろうから、もしもこの先、犬や猫を飼うことになったときに、頭の隅っこにでも覚えていてくれたらいいなと思う次第です。

 HAPPY MUSIC FESTA 2013レポート<後編>

次のページ

 穴澤賢の犬のはなし

バックナンバー

いぬねこ連載
もっと見る

[PR]


Vol.29 HAPPY MUSIC FESTA 2013レポート コラム いぬ /story_anaz/g6n2u9000000ltml-img/g6n2u9000000ltny.jpg 1 イベント当日の模様をスタッフ視点で紹介!
Vol.29 HAPPY MUSIC FESTA 2013レポートこの連載で実行委員にインタビューした「HAPPY MUSIC FESTA」が2013年9月23日、千葉・舞浜アンフィシアターで開催されました。少し遅くなりましたが、今回はイベント当日の様子をスタッフ視点でお伝えしようと思います。HAPPY MUSIC FESTAは、音楽を通じて犬猫の殺処分ゼロを目指すという趣旨なので、毎年、会場 g6n2u9000000ltml
facebook
twitter