「いぬのきもち・ねこのきもち」がお届けする、かわいい犬・猫連載や画像・動画・キャンペーンなどの情報サイトです。

ロゴ:いぬのきもちねこのきもち

TOP

犬の情報

  • いぬのきもち
  • QA・図鑑
  • 保険

猫の情報

  • ねこのきもち
  • QA・図鑑
  • 保険
  • 動物病院

アプリ


穴澤賢の犬のはなし 穴澤賢の犬のはなし

Vol.27 トレーナーさんに聞いてみた〜その3

これまで犬と長く暮らしてきて、しつけ本のたぐいは多少読んだことはあるものの、人によって言っていることが違っていたり、いざ実践してみてもその通りにならなかったりで、最終的には自己流でやってきた。それでも問題はなかったが、このままでいいのだろうかという思いもある。とくに最近、大吉がどんどんビビリになっていることについては、理由がわからない。
そんなわけで、これを機に、はじめてプロのトレーナーさんに相談してみることにした。先生は『いぬのきもち』でおなじみ「ナカムラドッグスクール」の中村 太さん。
前回に引き続き、犬がパニック状態になったときの対処法をお聞きします。そして話題はトイレの場所へと広がりました。

写真右より中村先生、穴澤、大吉くん

犬がパニックになったときの注意

穴澤:はっきり言ってしまうと、僕は別に大吉が怖がる必要がないものを怖がっていたって別にいいやと思っているんです。ただパニック状態になって我を忘れ、暴れてハーネスとかがスポッと抜けたら危ないなと。ふだんなら呼べば来るけど、たぶんそういうときはどっか行っちゃうでしょうから。

中村:パニック状態のときは、おそらくそうでしょうね。

穴澤:花火大会の日に驚いて犬が逃げてしまったとか、そういう話を聞くじゃないですか。それで交通事故にでもあったら洒落にならないでしょう。僕が怖いのはそれなんです。

中村:大吉くんはハーネスなんですね。ハーネスって、きつくしていてもスポッと抜けることないですか?

穴澤:遊んでいたときに2回くらいあります。そのときはパニックになっているわけではなかったので、なんともなかったのですが。

中村:意外とハーネスって抜けるんです。「イージーウォークハーネス」というのがあるんですけど、それはリードをつけるところが背中ではなく胸のところにあるんですね。本来はひっぱり防止用として使われるハーネスですが、それだと暴れても胸が引っ張られるのでまず抜けないです。

穴澤:そんなものがあるんですね。

中村:パニックになりやすい犬には、そういった抜けにくいものをつけるというのもひとつの対策かもしれません。ただ、道具に頼っているだけなので、根本的な解決にはなっていませんが、驚いてどっか行ってしまうような事態は避けられるかもしれませんね。

穴澤:あとは、何かに怯えているときって、すごくストレスがかかっている状態ですよね。日常のなんでもないことにいちいちストレスを感じていたら、体に何か悪影響はないのかと思ったりもするのですが、どうなんですかね?

中村:たとえば日々の食事だったり、散歩だったり、飼育環境などのストレスは非常に重要になってきますが、たまに雷や花火に怯えるくらいでしたら、あまり気にしなくていいと思いますよ。

穴澤:そうなんですね。だったらうちは散歩にもご飯にも不満はないと思います。家の中はどこでもフリーだし。

 トレーナーさんに聞いてみた〜その3<後編>

次のページ

 穴澤賢の犬のはなし

バックナンバー

いぬねこ連載
もっと見る

[PR]


Vol.27 トレーナーさんに聞いてみた〜その3 コラム いぬ /story_anaz/g6n2u9000000lnt2-img/g6n2u9000000lnuf.jpg 1 パニックはストレスが原因か
Vol.27 トレーナーさんに聞いてみた〜その3これまで犬と長く暮らしてきて、しつけ本のたぐいは多少読んだことはあるものの、人によって言っていることが違っていたり、いざ実践してみてもその通りにならなかったりで、最終的には自己流でやってきた。それでも問題はなかったが、このままでいいのだろうかという思いもある。とくに最近、大吉がどんどんビビリになっていることについては、理由がわからない。 そんなわ g6n2u9000000lnt2
facebook
twitter