「いぬのきもち・ねこのきもち」がお届けする、かわいい犬・猫連載や画像・動画・キャンペーンなどの情報サイトです。

ロゴ:いぬのきもちねこのきもち

TOP

犬の情報

  • いぬのきもち
  • QA・図鑑
  • 保険

猫の情報

  • ねこのきもち
  • QA・図鑑
  • 保険
  • 動物病院

アプリ


穴澤賢の犬のはなし 穴澤賢の犬のはなし

Vol.26 トレーナーさんに聞いてみた〜その2

これまで犬と長く暮らしてきて、しつけ本のたぐいは多少読んだことはあるものの、人によって言っていることが違っていたり、いざ実践してみてもその通りにならなかったりで、最終的には自己流でやってきた。それでも問題はなかったが、このままでいいのだろうかという思いもある。とくに最近、大吉がどんどんビビリになっていることについては、理由がわからない。
そんなわけで、これを機に、はじめてプロのトレーナーさんに相談してみることにした。先生は『いぬのきもち』でおなじみ「ナカムラドッグスクール」の中村 太さん。今回は、怖い音に慣れさせるための方法をお聞きしました。

写真右より中村先生、穴澤、大吉くん

怖い音にどうやって慣らせばいいの?

中村:犬を苦手なものから慣れさせる方法は大きく2つあって、ひとつは極端ですが、とにかく怖がろうが何をしようが周りでバンバン音を出して慣れさせる方法。ただこの方法だともっと嫌いになってしまって逆効果になりかねないので、基本は小さい音から徐々に慣らしていく方法ですね。

穴澤:小さい音からとは、どうやってですか?

中村:ガンドッグと呼ばれる、狩りを手伝う犬種がいるじゃないですか。鉄砲のドン!という音はとても大きいので、あの音に慣らすため、犬がゴハンを食べている最中にテープレコーダーなどで発砲音を小さく鳴らすんです。毎日ちょっとずつ音量をあげていくんです。

穴澤:へぇ、そうなんだぁ。

中村:それで犬がちょっとでも嫌がるような反応を見せたら少しボリュームを下げて、その音量に慣れてきたらまたちょっとずつボリュームをあげていくという方法で慣らすんです。

穴澤:考えてみれば、隣で鉄砲を撃っても平気な犬ってすごいと思います。そうやって慣れさせているんですね。ぜんぜん知らなかった。

中村:でもやり方を間違ってしまうと食べなくなるので注意が必要なんです。「ごはん=怖い音がする」になってしまうので。だから食欲より恐怖心が大きくなってしまわないようにしないといけない。

穴澤:あと、怖がっているときに気をそらすというのも聞いたことがあるんですが。

中村:それもありますよ。気をそらすことで、刺激に対して気持ちが分散するので。ただ、完全に気がそれちゃうと慣れていないという話になるので、原因の解決にはなりません。

穴澤:たしかに。では具体的に大吉の場合だと、どうやればいいんでしょう?

中村:たとえば「しつけ用効果音CD」というのがあって、そういうのを使ってみる方法もありますよ。

穴澤:そんなものがあるんですか。

中村:ええ。花火とか雑踏とかいろいろな音が入っているんですけど、かけてみますか?

穴澤:お願いします。

 トレーナーさんに聞いてみた〜その2<後編>

次のページ

 穴澤賢の犬のはなし

バックナンバー

いぬねこ連載
もっと見る

[PR]


Vol.26 トレーナーさんに聞いてみた〜その2 コラム いぬ /story_anaz/g6n2u9000000ljdp-img/g6n2u9000000ljf2.jpg 1 大きな音に慣れさせてみる
Vol.26 トレーナーさんに聞いてみた〜その2これまで犬と長く暮らしてきて、しつけ本のたぐいは多少読んだことはあるものの、人によって言っていることが違っていたり、いざ実践してみてもその通りにならなかったりで、最終的には自己流でやってきた。それでも問題はなかったが、このままでいいのだろうかという思いもある。とくに最近、大吉がどんどんビビリになっていることについては、理由がわからない。 そんなわ g6n2u9000000ljdp
facebook
twitter