「いぬのきもち・ねこのきもち」がお届けする、かわいい犬・猫連載や画像・動画・キャンペーンなどの情報サイトです。

ロゴ:いぬのきもちねこのきもち

TOP

犬の情報

  • いぬのきもち
  • QA・図鑑
  • 保険

猫の情報

  • ねこのきもち
  • QA・図鑑
  • 保険
  • 動物病院

アプリ


穴澤賢の犬のはなし 穴澤賢の犬のはなし

Vol.25 ドッグトレーナーさんにいろいろ聞いてみた〜その1

これまで犬と長く暮らしてきて、しつけ本のたぐいは多少読んだことはあるものの、人によって言っていることが違っていたり、いざ実践してみてもその通りにならなかったりで、最終的には自己流でやってきた。それでも問題はなかったが、このままでいいのだろうかという思いもある。とくに最近、大吉がどんどんビビリになっていることについては、理由がわからない。
そんなわけで、これを機に、はじめてプロのトレーナーさんに相談してみることにした。先生は『いぬのきもち』でおなじみ「ナカムラドッグスクール」の中村 太さん。はたして自己流の育て方でよかったのか。はたまた間違っていたのか。皆さんの参考にもなれば。

写真右より中村先生、大吉くん、穴澤

犬はなぜ成長すると臆病になるのか?

穴澤:今日は犬のことについていろいろ教えていただきたいと思っているんですが、まずはうちの犬でちょっと困っているというか、どうにかならないかなというのがビビリ癖のことなんです。

中村:大吉くんは、何を怖がるんですか?

穴澤:雷と、あとは花火。あのパンッ!という炸裂音が全般的にダメで、爆竹とか短気筒のバイクの音も怖がります。

中村:炸裂音が苦手な犬は多いんですよ。雷がダメな犬も多いです。

穴澤:不思議なのは、幼い頃はぜんぜん大丈夫だったのに、1才を過ぎたあたりから急に怖がるようになったことなんです。前に飼っていた富士丸という大型犬も5才を過ぎたころから雷に怯えるようになったし。犬って経験値があがっていくと、怖いものも増えるんですかね。

中村:年をとっていくことで、自分の体力とか肉体が衰えていくのがわかるから、精神的にも弱くなることはあります。でもそれが出てくるって8才とか9才ころからですから、大吉くんの場合はそれとはちょっと違うのかもしれません。

穴澤:子犬のころなんて、外でドカンドカン雷が鳴っていても窓際で平気で寝てたのに。

中村:子犬のときは好奇心が強いのと、基本的に物事に対しては鈍感な部分があって、それが大人になってくると好奇心が弱くなって警戒心とか猜疑心とか、ネガティブな気持ちも芽生えて敏感にもなってきますね。

穴澤:なんだかだんだんとビビリ度がアップしているような気がするんです。去年は海に喜んで入っていたのに、今年は波にちょっとビビッていたり。基本的に犬の行いはすべて飼い主が影響していると思っているんですが、これも飼い主の責任なんでしょうかね。

中村:先天的に臆病な犬と、堂々としている犬はいますし、犬種にもよりますし、さらには個体差もありますからね。難しいのは、同じような犬を同じように育てても、まったく同じにはならないということなんです。

穴澤:疑問なのは、雷とか破裂音って、別にそれで嫌な思いをしたわけじゃないという点なんですよ。そのときに痛い思いをしたとか、そういうことはないはずなのに、なぜ怖がるようになるんでしょうね。

中村:最初は単純にびっくりしたということだと思います。人間は理屈で理解できるから、それが雷という現象だとか、花火だとかわかりますけど、犬は理屈がわかんないのに大きな音がするとまず驚いて、それで恐怖の種みたいなものができちゃったりするんですよ。

 ドッグトレーナーさんにいろいろ聞いてみた〜その1<後編>

次のページ

 穴澤賢の犬のはなし

バックナンバー

いぬねこ連載
もっと見る

[PR]


Vol.25 ドッグトレーナーさんにいろいろ聞いてみた〜その1 コラム いぬ /story_anaz/g6n2u9000000lif7-img/g6n2u9000000ligk.jpg 1 大吉のビビリ癖は治るのか!?
Vol.25 ドッグトレーナーさんにいろいろ聞いてみた〜その1これまで犬と長く暮らしてきて、しつけ本のたぐいは多少読んだことはあるものの、人によって言っていることが違っていたり、いざ実践してみてもその通りにならなかったりで、最終的には自己流でやってきた。それでも問題はなかったが、このままでいいのだろうかという思いもある。とくに最近、大吉がどんどんビビリになっていることについては、理由がわからな g6n2u9000000lif7
facebook
twitter