「いぬのきもち・ねこのきもち」がお届けする、かわいい犬・猫連載や画像・動画・キャンペーンなどの情報サイトです。

ロゴ:いぬのきもちねこのきもち

TOP

犬の情報

  • いぬのきもち
  • QA・図鑑
  • 保険

猫の情報

  • ねこのきもち
  • QA・図鑑
  • 保険
  • 動物病院

アプリ


穴澤賢の犬のはなし 穴澤賢の犬のはなし

Vol.20 実行委員に話を伺ってみた〜その1

音楽を通じて、ペットの殺処分ゼロを目指すイベント「HAPPY MUSIC FESTA〜Toward ZERO〜」が今年も9月23日(月・祝)に千葉県の舞浜アンフィシアターで開催されます。2010年にこのイベントがスタートしたときから実行委員の一人として関わってきた私(穴澤)が、発起人たちに集まってもらって改めてイベントの趣旨や、動機、伝えたいことなどを伺ってきました。

最後にHAPPY MUSIC FESTA 2013のイベント情報とプレゼントのお知らせがあります。

写真右より穴澤、(株)タイスケ 糸川成美さん、(株)RONG-Tai FACTORY 守谷竜汰さん、設楽 亮さん

イベントを立ち上げたきっかけ

穴澤:今、HAPPY MUSIC FESTA(以下:HMF)の実行委員は何人でしたっけ?

糸川:中心メンバーは8人くらい?

穴澤:実行委員以外にも、制作で協力してくれている人がたくさんいますよね。スケジュールの都合もあって、その中から今日は3名にお集まりいただいたわけですが、まずは自己紹介でもしておきましょうか。では糸川さんから、どうぞ。

糸川:私はタイスケという会社にいて、現在ボニー・ピンクのマネージャーをやっています。
(※「タイスケ」とは、「トータス松本」「ウルフルケイスケ」「ジョン・B」「サンコンJr.」「ボニー・ピンク」「Superfly」らが所属する音楽ブロダクション事務所)

(株)タイスケ 糸川成美さん

守谷:僕は2011年までタイスケにいましたが、今は独立して自分で会社をやってます。

穴澤:もともと糸川さんと守谷さんが言い出しっぺですよね、このイベントをやろうというのは。

守谷:はい、そうですね。

穴澤:設楽さんは、なぜこのイベントに関わるようになったんですか?

設楽:2012年にHMF主導の勉強会が月に一度くらいの割合で開催されていて参加をしていたのですが、そのときに守谷さんから「手伝ってほしい」と言われて。配布するチラシの集約作業などからですね、始めたのは。

写真右より(株)RONG-Tai FACTORY守谷竜汰さん、設楽 亮さん

穴澤:いつの頃からかミーティングの席に設楽くんもいて、いつの間にか普通に話すようになってたから知らなかったけれど、そうなんだ。

守谷:僕が巻き込んでしまった感じですね。

穴澤:それが今では糸川さんにこき使われているという(笑)。

糸川:何かあったらすぐ設楽くんに電話して「今日、空いてる?」みたいな感じでね(笑)

穴澤:ミーティングのスケジュールを調整しているのは設楽くんですから。最初にHMFをやったのは2010年でしたよね? そもそもなぜこのイベントをやろうと思ったんですか?

糸川:大阪の能勢(のせ)というところにハッピーハウスっていうアニマルシェルターがあり、そこの理事をタイスケの社長がやっていて。私も存在は知っていたけれど実際に何か支援をしているわけでもなくて、単に心の中で応援しているだけみたいな感じだったんです。で、その施設が老朽化してきたからなんとかしてやれんものかと。20年以上もやってるから、犬舎も傷むわけです。

穴澤:僕もハッピーハウスには1回見学に行ったことがありますよ。

糸川:寄付だけでは足りないから、何かイベントはできないかなと。でも、会社としてバーンとやるのは違うのかなと。スタッフもアーティストもちゃんと意志を持った人たちでやりたいという思いがあったから。それでまず守谷くんに声をかけたのがきっかけかな。

 実行委員に話を伺ってみた〜その1<後編>

次のページ

 穴澤賢の犬のはなし

バックナンバー

いぬねこ連載
もっと見る

[PR]


Vol.20 実行委員に話を伺ってみた〜その1 コラム いぬ /story_anaz/g6n2u9000000l9sd-img/g6n2u9000000l9tq.jpg 1 犬猫大好きアーティストが集結する音楽イベント「HAPPY MUSIC FESTA」が今年も開催!
Vol.20 実行委員に話を伺ってみた〜その1音楽を通じて、ペットの殺処分ゼロを目指すイベント「HAPPY MUSIC FESTA〜Toward ZERO〜」が今年も9月23日(月・祝)に千葉県の舞浜アンフィシアターで開催されます。2010年にこのイベントがスタートしたときから実行委員の一人として関わってきた私(穴澤)が、発起人たちに集まってもらって改めてイベントの趣旨や、動機、伝えたいことな g6n2u9000000l9sd
facebook
twitter