「いぬのきもち・ねこのきもち」がお届けする、かわいい犬・猫連載や画像・動画・キャンペーンなどの情報サイトです。

ロゴ:いぬのきもちねこのきもち

TOP

犬の情報

  • いぬのきもち
  • QA・図鑑
  • 保険

猫の情報

  • ねこのきもち
  • QA・図鑑
  • 保険
  • 動物病院

アプリ


穴澤賢の犬のはなし 穴澤賢の犬のはなし

Vol.15 犬と食事を考える〜その2

写真右より、奈良なぎささん、穴澤

大吉はまもなく2才になるが、あまり手のかからない犬ではある。
そんな大吉の最大の悩みといえるのが、食について。とにかく食が細いのだ。食べ物に対する執着心があまりないらしい。犬というのは、何をあげてもガツガツ食べるものではないのか?
その悩みを解決すべく、動物病院向け栄養相談を行う「ペットベッツ栄養相談」を主催し、ペット栄養コンサルタントである奈良なぎささんを大吉の暮らす我が家にお招きしてお話を伺ってみました。前回は大吉の食の遍歴について相談をし、今回はその回答から始まります。

犬の食事量を減らすこと、バランスについて

穴澤:それまでもりもり食べていた犬が、ある日突然食べなくなるのは珍しいことじゃないんですか?

奈良:ええ、よくあるパターンで、たいてい生後6〜7カ月のころに食べなくなるんです。小型犬や中型犬だと、生後7カ月くらいでほぼ成犬と同じ体重になるんですね。今まで右肩上がりに増えていた体重が、落ち着いて平らになる時期です。

穴澤:たしかに大吉もそうでした。

奈良:体重が増えると食事の量も増やさなければいけないという感覚ですが、実は逆なんです。

穴澤:えっ!そうなんですか。

奈良:体重が増えてきたら本当は食事の量を減らしていかないといけないんです。でも、減らすタイミングがたいていうまくいかず…飼い主さんとしては食べないと心配じゃないですか。

穴澤:はい、まさに。

奈良:犬の成長期の体重増加線は2回あります。最初は生後4〜5カ月までで、このときは右肩あがりにどんどん体重が増加します。このころに成犬予想体重の約50%に達していれば順調に成長している目安になりますね。

穴澤:きちんと食べていると、この基準はクリアできそうです。

奈良:そして次が6〜7カ月ころですが、この時期の体重増加は以前よりもゆるやかになります。体重は成犬時と同じくらいになりますが、まだ筋肉や骨は十分に成長していないので成長期と考え、成長期用フードを与えます。でも身体は成犬に近づいており体重増加もあまりなくなるため、以前よりも必要とするエネルギー量も減ってくるのです。そのため、最初は4〜5カ月のころ、次は6〜7カ月ころに、食事に必要なエネルギー量や摂取量を調整することが大切なんです。

穴澤:なるほど。

奈良:ところが食べないと心配な飼い主さんは、食事がおいしくないから食べないのだと思い、この時期に犬が好きそうな食べ物をその食事に追加してしまう傾向があります。犬も自分の好きな食べ物が出るので最初は喜びますが、そのうち身体が「もういらないよ~」って悲鳴を上げてしまうんです。このような状態が続くと食欲不振や下痢などになってしまうことがよくあります。

穴澤:そうだったのか。

 犬と食事を考える〜その2<後編>

次のページ

 穴澤賢の犬のはなし

バックナンバー

いぬねこ連載
もっと見る

[PR]


犬・猫と暮らすこと Vol.15 犬と食事を考える〜その2【穴澤賢の犬のはなし】 コラム いぬ /story_anaz/img/anaza_top.jpg 1 前回は大吉の食の遍歴について相談をし、今回はその回答から始まります。
Vol.15 犬と食事を考える〜その2写真右より、奈良なぎささん、穴澤大吉はまもなく2才になるが、あまり手のかからない犬ではある。 そんな大吉の最大の悩みといえるのが、食について。とにかく食が細いのだ。食べ物に対する執着心があまりないらしい。犬というのは、何をあげてもガツガツ食べるものではないのか? その悩みを解決すべく、動物病院向け栄養相談を行う「ペットベッツ栄養相談」を主催し、ペット栄 g6n2u9000000k63l
facebook
twitter