「いぬのきもち・ねこのきもち」がお届けする、かわいい犬・猫連載や画像・動画・キャンペーンなどの情報サイトです。

ロゴ:いぬのきもちねこのきもち

TOP

犬の情報

  • いぬのきもち
  • QA・図鑑
  • 保険

猫の情報

  • ねこのきもち
  • QA・図鑑
  • 保険
  • 動物病院

アプリ


いぬねこ街をぷらぷらと 癒しのいぬねこ温泉ものがたり

鍾寿館のねこたち

四万温泉には、茶トラの一派があるのかな? 老舗旅館「鍾寿館(しょうじゅかん)」にも茶トラのミャミャーくん(オス・8才)が暮らしています。宿の裏でミャーミャー鳴いていたところを保護されました。

ミャーミャーくんは脱走がお得意。窓辺の網戸も上手に開けて外に出てしまいます。でも、なぜか帰りは玄関の自動ドアから帰ってくるそう。

ミャーミャーくんと同じ鍾寿館で暮らすラッキーちゃん(メス・7才)も外に出るのが大好き。ラッキーちゃんは生まれつき両目が悪いのですが、持ち前の勘のよさと運の強さで、元気に暮らしています。生まれてすぐに、おそらく天井裏から旅館の壁の間に落ちてしまったようですが、「どこからかネコの鳴き声が聞こえてきて、ほうっておけなくなった」と言うご家族のみなさんが、壁に聴診器を当てて探し出し、救出したのだそうです。

ラッキーちゃんといっしょに救出されたのが姉妹のコトラちゃん(メス・7才)。人見知りなのであまり見かけることはありません。私も3度目の訪問にして初お目見えです。

そしてこちらはあずきちゃん(メス・5才)。鼻の先っぽにあずきのような模様があるんです。ちょっと色っぽい女将ねこです。宿の娘さんが高校生だったころ、学校近くの石垣のすき間からねこの鳴き声が聞こえてきたので、ひょいっと手を入れたところ、おとなしく捕まったのだとか。当時は痩せ細った小さなねこでしたが、今では立派な体格になっています。

赤い○で囲まれた部分がほんのりあずき色のため、あずきと命名されました

鍾寿館はペットと泊まれる宿ではありませんが、ご家族は皆さんねこが大好き。ロビーや玄関でねこが待っているなんてことも。

ところで鍾寿館はお湯もすばらしいんです。自家源泉を持ち湯量も豊富。とくに混浴露天風呂と貸し切り風呂(一乃湯)は温泉好きにはオススメです。

問合せ

四万温泉協会

TEL:0279-64-2321(8時30分〜17時15分)
HP:http://www.shimaonsen.com

積善館

TEL:0279-64-2101
HP:http://sekizenkan.co.jp

民芸品まりや

TEL:0279-64-2416

鍾寿館

TEL:0279-64-2301
HP:http://www.naf.co.jp/shojukan/

次回予告

次回は四万温泉いぬ編です。

プロフィール

西村りえ

温泉ライター。日本温泉地域学会理事。現在19才のねこ、まる(メス)と暮らす。「ねこ温泉いぬ温泉」プロジェクト推進中。
HP:http://www.kaishagokko.com/onsennekoinu/index.html

地図作成/石澤 愛
イラスト/斎藤ひろこ(ヒロヒロスタジオ)

前のページ

 いぬねこ街をぷらぷらと

バックナンバー

いぬねこ連載
もっと見る

[PR]


群馬の奥座敷・四万(しま)温泉でほっこり コラム ねこ /sanpo/g6n2u9000000ltjz-img/g6n2u9000000ltla.jpg 1 群馬県・四万温泉のねこ
温泉地で暮らすいぬやねこに会ってきました! 看板女将のように人を惹きつけるかわいい姿に思わずにっこり。 人といぬとねこたちが共に暮らす温泉地で、心あたたまるエピソードもお届けします。 群馬の奥座敷・四万(しま)温泉でほっこり 〜かわいい温泉ねこに会ってきました〜「四万種類の病をいやす」と言われる群馬の名湯・四万(しま)温泉。透明度の高い四万川沿いに開けたノスタルジックな温泉街です。川と緑の渓 g6n2u9000000ltjz
facebook
twitter