「いぬのきもち・ねこのきもち」がお届けする、かわいい犬・猫連載や画像・動画・キャンペーンなどの情報サイトです。

ロゴ:いぬのきもちねこのきもち

TOP

犬の情報

  • いぬのきもち
  • QA・図鑑
  • 保険

猫の情報

  • ねこのきもち
  • QA・図鑑
  • 保険
  • 動物病院

アプリ


いぬねこ街をぷらぷらと ぷらぷら犬山編 犬山の桃太郎伝説って?

vol.3 いよいよ桃太郎伝説の地へ

桃太郎神社へは車か歩くしかない。この町にはレンタサイクルはないとのこと。隣の犬山遊園駅まで電車で行き、コインロッカーにリュックを預け、さて。

私は旅行は決まってリュック。両手が使えるから。あのガラガラは階段が大変なのと、人に気を遣うのであまり。昔は海外旅行くらいしか使わなかったが、どんどん自分の楽な方に、と小言。

駅を出るとすぐ木曽川。そこで白いステテコ好々爺(こうこうや)に「どこ行くの、そんなに荷物持って」と声をかけられる。リュックは預けたので、カメラとポットを入れたボディバッグだけなのにと思いつつ、「桃太郎神社まで」と言うと、「あ、ああ」と言ったまま反応なく、全身白い好々爺は自転車で犬山橋を渡っていきましたとさ。どんどはれ。

道路の柵には桃太郎のデザインが。やはり、犬は桃太郎と一緒に。

また、歩いていくと「今上陛下…」の碑が。今上と言うといつの今上陛下だろうと思っていると、すぐ解決!の看板が。

やはり昭和天皇でした。乗馬でご視察、そのお馬の名が錦渓とのこと。ご覧になった景色がおそらく写真のこれ。お馬を止められるわけです。  

と、水音が。道のすぐそこに滝が見える。思わず近寄り涼を取る。不老滝という。歩くといろいろなものに出合えます。

 次は、いよいよ桃太郎登場!

次のページ

 いぬねこ街をぷらぷらと

バックナンバー

いぬねこ連載
もっと見る

[PR]


第3回 いよいよ桃太郎伝説の地へ【いぬねこ街をぷらぷらと】 コラム いぬ /sanpo/vj3v0g0000003iqd-img/sanpo_inuyama3.jpg 1 なぜ犬山が桃太郎?
vol.3 いよいよ桃太郎伝説の地へ桃太郎神社へは車か歩くしかない。この町にはレンタサイクルはないとのこと。隣の犬山遊園駅まで電車で行き、コインロッカーにリュックを預け、さて。私は旅行は決まってリュック。両手が使えるから。あのガラガラは階段が大変なのと、人に気を遣うのであまり。昔は海外旅行くらいしか使わなかったが、どんどん自分の楽な方に、と小言。駅を出るとすぐ木曽川。そこで白いステテコ好々爺( vj3v0g0000003iqd
facebook
twitter