「いぬのきもち・ねこのきもち」がお届けする、かわいい犬・猫連載や画像・動画・キャンペーンなどの情報サイトです。

ロゴ:いぬのきもちねこのきもち

そのポーズに問答無用! 犬&猫の写真をプロっぽく撮る方法

コツ2:目線の先の空間は広~く

さて、グリッド線の交差部分に被写体が来るように配置したこの写真。ポイントはメイン(赤丸)の進行方向側(青部分)を広く空けていること。

被写体の目線の先に空間を広くとることで、想像力がかきたてられる写真になるんです。
はい、これが撮った写真。

被写体の目線の先の空間については、こちらの写真で比較するとわかりやすいです。

どれもけっして悪いという訳ではありませんが、印象がずいぶん変わりますよね。
 目線方向が狭いため、見ていて疲れる。不安定な写真になりやすい。
 犬がグリッド線の交差部分にはいないが、ど真ん中は安定感もあり、最も多く撮る基本構図。
 目線を先に空間を広くする事で、その先に何があるのか?と想像させられる安定感のある構図。物語をイメージしやすく、プロっぽい写真になる。

次回予告

次回は、イキイキとした表情を撮るコツを紹介します。

プロフィール

依田かずあき

動物写真家。26歳の頃に沖縄県石垣島へ移住。石垣島にてダイビングガイドとして働く。その後、水中/動物写真家となり、ダイビング関連、動物関連の取材撮影を中心に活動。
2004年盲導犬などの介助犬を雑誌等で連載したことをきっかけに、ペット等の撮影にも力を入れる。2006年「ペットフォトライフ」を運営。現在、横浜を拠点に撮影活動を行っている。いぬのきもちのイベントの撮影会でおなじみ。
依田写真事務所ホームページ ペットフォトライフ

前のページ

 そのポーズに問答無用!

バックナンバー

いぬねこ連載
もっと見る

[PR]


Vol.1 写真の構図って意外とカンタン! コラム いぬねこ /photo/g6n2u9000000moff-img/g6n2u9000000mogy.jpg 1 これだけで写真が見違えます
愛犬や愛猫の写真、せっかく撮るなら雰囲気のある“いい写真”が撮れたらいいな…と思いますよね。動物カメラマンに素敵な写真が撮れるコツを教えてもらいました!~Camera technique~意外と知らない?スマホカメラのことコツ1:よい写真になる魔法のライン「グリッド線」を使おうコツ2:目線の先の空間は広~くコツ3:犬目線になって表情をいただき!コツ4:撮る人が太陽を背にしてパチリ!コツ5:物語をイ g6n2u9000000moff
facebook
twitter