「いぬのきもち・ねこのきもち」がお届けする、かわいい犬・猫連載や画像・動画・キャンペーンなどの情報サイトです。

ロゴ:いぬのきもちねこのきもち

TOP

犬の情報

  • いぬのきもち
  • QA・図鑑
  • 保険

猫の情報

  • ねこのきもち
  • QA・図鑑
  • 保険
  • 動物病院

アプリ


いぬねこ宅の幸せスタイル 稲村ケ崎のビーグル犬 ピンクちゃん宅

ピンクちゃんとヴィッキーくんは縁あって九島家に迎えられました。そのいきさつとは……。

vol.2 2匹との出会いとピースフルな稲村ヶ崎ライフ

サンサンと日が照りつけるなか、テラスで快適そうにお昼寝していたピンクちゃん

ビーグル犬を愛する人づてに

ビーグル犬を家族に迎えたのは、たまたまだったという敦さんと登美子さん。ちょうどビーグル犬を保護して譲渡活動をしていた友人のサイトを見ていてヴィッキーくんに出会ったそうです。

「僕は実家で犬を飼ったことがなくて、ずっと犬と暮らすことに憧れていたんです。ただペットショップで買うのではなく、里親募集サイトからにしようね、と話していました。それでときどき、友人でボランティアの方の里親募集サイトをチェックしていたんですが、このときもたまたまサイトを見ていてヴィッキーを見つけて。すぐにその友人に電話したら、『そうそう、うちで保護してるわよー』って」

写真立ての中は、若かりし日のヴィッキーくん

すぐにサイトで目にした子犬に会いに行ったふたりでしたが、その時点でヴィッキーくんはすでに4回ほどお見合いをしていました。里親の条件はなかなか厳しく、最後は仲介者が家に来て実際に家を見て、条件を確かめてから譲ることも多いと言います。

「その友人もビーグル犬を飼っていて、ヴィッキーの里親にもかわいがってくれる人を探していたので、絶対に室内飼い、共働きはNGなどの条件をつけていたんです。僕たちは共働きですが、室内飼いができるということで引き取らせてもらえることになりました」

「表情といいしぐさといい、ビーグルはほんとうにかわいい」と笑顔の九島さん夫妻

ヴィッキーくんに続いて、ピンクちゃんも同じ友人から譲り受けたそうです。

「普通は先住犬との相性を見たりするんですが、ピンクのときは友人がヴィッキーのことを知っていたこともあって、九島さんならぜひ、とその日のうちに引き取らせてくれました。ヴィッキーがすぐに受け入れてくれるか心配でしたが、ピンクを連れて帰った日のうちに2匹一緒に眠っていたよね」とうなづき合うふたり。

すでに4組もお見合いしていたのにヴィッキーくんが九島家に迎えられ、ピンクちゃんとも家族になれたのは、やはり縁のようなものがあったのでしょうか。

「実はビーグルって捨て犬のワースト犬らしいんです。運動量があって飛びついたり、無駄吠えしたりするからか……。でも、散歩していると、ビーグル好きの人たちは絶対に寄って来る。それで、『うちもビーグル飼っているけど、ビーグルって大変だよね。でも、かわいいよね!』って言うんですよね」

お水とフードのボウルはダイニングテーブルのすぐ近くが定位置。専用のマットもフードボトルを乗せたトレーもナチュラルカラーで統一しています。

ぬいぐるみをお伴に

ピンクちゃんの一日は、パパ敦さんとの散歩でスタートします。

「朝4時に起きて海までジョギングしてから、ピンクと一緒に散歩しています。散歩をすると朝から好きな海にも行けるので嬉しいですね。朝は早いですが、夏は暑いからこの時間帯がちょうどいい。さすがに早過ぎてほかの犬連れの方はあまり見かけませんけどね」
その後、5:40AMには電車で都心に出勤するという敦さんは、超朝型生活です。

「私は横浜で働いているのでもう少し遅くに出勤します。彼は朝が早いので夜も早く寝てしまいますし、うちはテレビがないので夜は静かですよ(笑)」と登美子さん。

登美子さんが出勤してからは、オープンなつくりの家の中を自由に走りまわったり、日向ぼっこをして居眠りしたりして過ごすピンクちゃん。ひとりの時間のお伴は、等身大の犬のぬいぐるみと小さな毛布のようです。
「この毛布を渡すと、口にくわえたまま固まっちゃうんです。なぜでしょうね?」

お気に入りの毛布をくわえて固まっているピンクちゃん。しばらくずっとこのままでした。

ぬいぐるみにもかぶりついたまま固まってしまいました。

テラスに専用ベッドといつも過ごすお気に入りのスペースがあるピンクちゃんですが、なかでも気に入っているのは敦さんと登美子さんがよく座っているダイニングチェア。
「お気に入り過ぎて、いつも舐めているのでここが白くなってしまったんですよ」

ピンクちゃんが舐めて白くなってしまった脚

家好きなピンクちゃん

家族が揃っているときは、海や山へ行くのも定番の過ごし方だそうです。
「遊べるようにボールも用意してあるんですが、ピンクはあまりボール遊びは好きじゃないみたいで。外もヴィッキーは好きでもっともっと、という感じでしたが、ピンクは早く帰りたがるほうでしたね」

そんなピンクちゃんの特技は、おやつをもらうときに二本足で立ち上がれること。
「唯一の芸なんですよ」と取材陣の前でもやって見せてくれました。その立ち上がる姿勢の美しさは折り紙つき!

登美子さんのリードで上手に立ち上がってくれました

響きはかわいいけれど

こんな平和な日々を過ごすピンクちゃんですが、性格も穏やかでいかにも女の子らしい彼女の名前は、意外なところに由来がありました……。

「実はタランティーノの『レザボア・ドッグス』という映画からとった名前なんです。この作品に出演していたスティーブ・ブシェミの役名が『ピンク』なんですが、当時のピンクの顔がそのスティーブ・ブシェミに似ていて。保護されていたときは『チップ』と呼ばれていたんですけど、『ピンクだよね!?』って」

優しい表情のピンクちゃんですが、色白でやや垂れた大きな瞳は、確かにちょっとだけ……いや、どうでしょうか?

「わたし、スティーブ・ブシェミに似てますか?」

次回予告

次回は、愛犬と暮らすためのこだわりの家づくりを紹介!

取材宅ファミリーのプロフィール

九島敦さん、登美子さん

ビーグル犬との暮らしを楽しむ共働きのご夫婦で神奈川県鎌倉市の稲村ケ崎に暮らしはじめて3年目。
敦さんは趣味のサーファー歴30年以上。
登美子さんも海好き。かつては猫も飼っていた。

ピンクちゃん

ビーグル犬のメス 9才。やや小型でおっとりした性格。
里親さがしのサイトを通じて九島さん夫妻のもとへ。
一緒に暮らしていた同じビーグル犬のヴィッキーが今年2月に星になり、今は九島家のひとりっコとして暮らしている。

 いぬねこ宅の幸せスタイル

バックナンバー

いぬねこ連載
もっと見る

[PR]


vol.2 2匹との出会いとピースフルな稲村ケ崎ライフ【いぬねこ宅の幸せスタイル】 コラム いぬ /inunekohouse/vj3v0g0000000j66-img/taku_inamura2.jpg 1 実はビーグルって捨て犬のワースト犬らしいんです
ピンクちゃんとヴィッキーくんは縁あって九島家に迎えられました。そのいきさつとは……。vol.2 2匹との出会いとピースフルな稲村ヶ崎ライフサンサンと日が照りつけるなか、テラスで快適そうにお昼寝していたピンクちゃんビーグル犬を愛する人づてにビーグル犬を家族に迎えたのは、たまたまだったという敦さんと登美子さん。ちょうどビーグル犬を保護して譲渡活動をしていた友人のサイトを見ていてヴィッキーくんに出会った vj3v0g0000000j66
facebook
twitter