「いぬのきもち・ねこのきもち」がお届けする、かわいい犬・猫連載や画像・動画・キャンペーンなどの情報サイトです。

あなたの愛犬の困ったお悩みをいぬのきもちが解決 犬の総合情報局

獣医師が答えるQ&A:いただいた質問に担当獣医師がお答えします。

部位から探す脳、脊髄、神経
8歳のキャバリアキングチャールズスパニエルを飼っています。脊髄空洞症とはどんな病気ですか。

キャバリア | 8歳10カ月 | ♂

いぬのきもち相談室 担当獣医がお答えします

キアリ奇形(後頭骨形成不全症候群)によって小脳の一部が頭蓋骨の穴から滑りだして脳幹を圧迫し、脊髄内部にできた空洞に異常な液体貯留を起こし、さまざまな神経系の臨床症状を起こすことをいいます。キャバリアキングチャールズスパニエルで特徴的に見られますが、他の小型犬種でも珍しくありません。臨床症状としては痛み(片耳や肩のあたりを継続的にかく)、震え、空中をパクパクする、口の周りを舐める、麻痺、痙攣(けいれん)発作などの異常が見られます。診断には神経学的検査とMRI検査などが必要になります。治療法としては鎮痛剤やステロイドによる内科療法や手術を行う外科療法がありますが、確固たる治療法は確立されていません。

いぬのきもち相談室 担当獣医師

いぬ図鑑の関連記事

さまざまな愛犬のお悩みにスグ対応

いぬのきもち最新号のご紹介

  • ・愛犬にとってあなたは何タイプ?
  • ・愛犬の病気にかかった「治療費」白書
  • ・健康でも与える?犬のサプリメント

  • ・子犬に必要な「さいしょの一歩」
  • ・愛犬になりきり「犬目線の一日」
  • ・はじめて「ひとり遊び・かくれんぼ」

  • ・犬と暮らしたら人生が変わった!
  • ・いぬのきもち手作り部
  • ・犬の現代病「肥満」


いぬねこ連載
もっと見る
[PR]
[PR]
[PR]

[PR]

→弊社の情報セキュリティ対策や拡散防止活動等の進捗は、こちらからご確認いただけます。