「いぬのきもち・ねこのきもち」がお届けする、かわいい犬・猫連載や画像・動画・キャンペーンなどの情報サイトです。

あなたの愛犬の困ったお悩みをいぬのきもちが解決 犬の総合情報局

獣医師が答えるQ&A:いただいた質問に担当獣医師がお答えします。

症状から探す動作・意識の異常、症状同じ場所を回る
愛犬は痴呆症で、旋回していることがあります。やめさせたほうがよいでしょうか。

M.シュナウザー | 15歳9カ月 | ♂

いぬのきもち相談室 担当獣医がお答えします

ご相談者様の愛犬は、痴呆症状が出ているのですね。うろうろと歩き回るのは典型的な痴呆症状ですが、痴呆の犬の場合それをやめさせるのは非常に難しいと思います。痴呆の犬は、前に前に進むので、狭い隙間に入って出てこられなくなってしまったり、家具などの端で目を傷つけてしまうことがあります。その対処法としては、愛犬の目の高さにある家具にクッション材をつけたり、愛犬がはまってしまいそうな隙間にはクッションをつめるなどして防御していただいたり、サークルを設置していただいて、サークルの内側をダンボールなのど柔らかい素材のもので内側を覆っていただくなどするといいでしょう。また、旋回する原因として痴呆ではなく、前庭疾患の症状であることもあります。旋回する原因については、一度獣医師の診察を受けていただくといいでしょう。

いぬのきもち相談室 担当獣医師

同じカテゴリのQ&A

さまざまな愛犬のお悩みにスグ対応

いぬのきもち最新号のご紹介

  • ・データ・図解でわかる 熱中症
  • ・ハイテク家電とお掃除テクで「ニオワセナイ」術
  • ・ハプニングに役立つ「とっさのキケン」

  • ・子犬に必要なしつけ「さいしょの一歩」
  • ・1才になる前に覚える必須「犬用語」
  • ・はじめての「社会化しつけ」

  • ・犬も人も「夏のCOOL★ドリンク」
  • ・ゲームでわかる犬の新常識
  • ・死因TOP3 犬の心臓病


いぬねこ連載
もっと見る
[PR]
[PR]
[PR]

[PR]

→弊社の情報セキュリティ対策や拡散防止活動等の進捗は、こちらからご確認いただけます。