「いぬのきもち・ねこのきもち」がお届けする、かわいい犬・猫連載や画像・動画・キャンペーンなどの情報サイトです。

あなたの愛犬の困ったお悩みをいぬのきもちが解決 犬の総合情報局

獣医師が答えるQ&A:いただいた質問に担当獣医師がお答えします。

部位から探す胆嚢
愛犬が1歳のとき、総胆汁酸が高く精査しても原因不明でした。生検をやるべきか悩んでいます。どうしたらいいでしょうか。

M.シュナウザー | 2歳6カ月 | ♂

いぬのきもち相談室 担当獣医がお答えします

1歳のときの血液検査では異常がなくても2歳を超えると健康状態に変化が現れているかもしれません。もう一度検査をして総胆汁酸値を測定し、他の臓器の値の評価も合わせて今後の方針を決めるとよいでしょう。総胆汁酸値が高くなる場合、胆泥症や門脈シャントなどが考えられます。超音波検査やMRI検査などが必要になりますが、その際生検は担当獣医師が必要と判断した場合に行うのがよいかもしれません。

いぬのきもち相談室 担当獣医師

さまざまな愛犬のお悩みにスグ対応

いぬのきもち最新号のご紹介

  • ・直しておきたい
    犬の“吠え問題”に挑む!
  • ・シーズン到来!役立つ
    お出かけトラブル白書

  • ・犬用カード使いこなし術
    最初に一歩
  • ・趣ある表情に思わず(笑)
    哀愁犬のキモチ

  • ・【実話】だからといって…
    愛犬を捨てるのですか?
  • ・災害、そのとき
    愛犬も自分も生き抜くには?


いぬねこ連載
もっと見る
[PR]
[PR]
[PR]

[PR]

→弊社の情報セキュリティ対策や拡散防止活動等の進捗は、こちらからご確認いただけます。