「いぬのきもち・ねこのきもち」がお届けする、かわいい犬・猫連載や画像・動画・キャンペーンなどの情報サイトです。

あなたの愛犬の困ったお悩みをいぬのきもちが解決 犬の総合情報局

獣医師が答えるQ&A:いただいた質問に担当獣医師がお答えします。

症状から探す動作・意識の異常、症状腰を抜かす
愛犬を怒ったら、腰を抜かしてしまいました。

ブルドッグ | 1歳6カ月 | ♀

いぬのきもち相談室 担当獣医がお答えします

犬は驚いたときに後ろ足が自由に動かず、腰を抜かしたように見えることがあります。この場合はすぐ元に戻ります。問題のある例としてはイカの生食によりビタミンB1が分解され体内でビタミンB1が欠乏して、後躯麻痺により足がふらつき、腰を抜かしたように見えることがあります。このほかにヘルニアや心臓病、神経疾患でもふらつきがみられる可能性がありますので、続くようでしたら動物病院で診察を受けましょう。

いぬのきもち相談室 担当獣医師

同じカテゴリのQ&A

病名・症状データベースの「ブルドッグ」関連記事

いぬ図鑑の関連記事

さまざまな愛犬のお悩みにスグ対応

いぬのきもち最新号のご紹介

  • ・「やりすぎ」お世話のボーダーライン
  • ・ニオイ?ヨゴレ? お掃除のコツは意外なところ

  • ・子犬に必要な「さいしょの一歩」
  • ・○×でわかる ぬくぬく冬支度
  • ・はじめて「留守番のさせ方」

  • ・ココロとカラダ 免疫力UP
  • ・愛犬と過ごす 温かいクリスマス


いぬねこ連載
もっと見る
[PR]
[PR]
[PR]

[PR]

→弊社の情報セキュリティ対策や拡散防止活動等の進捗は、こちらからご確認いただけます。