「いぬのきもち・ねこのきもち」がお届けする、かわいい犬・猫連載や画像・動画・キャンペーンなどの情報サイトです。

あなたの愛犬の困ったお悩みをいぬのきもちが解決 犬の総合情報局

獣医師が答えるQ&A:いただいた質問に担当獣医師がお答えします。

部位から探す生殖器官
9歳になるメスを飼っています。先日、動物病院で乳腺腫瘍が見つかり、避妊手術と乳腺の摘出手術をすすめられました。突然のことでとても悩んでいます。手術は受けたほうがいいのでしょうか。

ミニチュアダックス | 9歳0カ月 | ♀

いぬのきもち相談室 担当獣医がお答えします

突然のことでとても驚かれたと思います。さらに急に手術の決断をしなければならないとなると本当に悩んでしまいますよね。獣医師の立場から申し上げますと、手術は受けられたほうがいいのではないかと思います。近年では、犬の平均寿命も延びおよそ15歳前後になっています。9歳の子であれば、まだまだご家族と一緒に過ごす時間がたくさんあると考えることもできますよね。統計的に犬の乳腺腫瘍は良性と悪性の比率が五分五分といわれています。また、乳腺腫瘍の発生には卵巣から分泌される女性ホルモンが大きく関わっていることがわかっています。中年期以降、この女性ホルモンによる子宮卵巣疾患の発生が増加していきます。万が一、今回発見された乳腺腫瘍が悪性であった場合も含めて、早期に摘出手術を実施することは転移することを未然に予防することができるかもしれませんし、同時に避妊手術を実施することで、今後起こりうる子宮卵巣疾患の発生率を減少させることにもつながります。もちろん、ご相談者様の愛犬にその他の重大な基礎疾患などがないかどうかも含め、術前検査などもしっかりした上で総合的に手術を実施するかご検討されることをおすすめいたします。

いぬのきもち相談室 担当獣医師

いぬ図鑑の関連記事

さまざまな愛犬のお悩みにスグ対応

いぬのきもち最新号のご紹介

  • ・直しておきたい
    犬の“吠え問題”に挑む!
  • ・シーズン到来!役立つ
    お出かけトラブル白書

  • ・犬用カード使いこなし術
    最初に一歩
  • ・趣ある表情に思わず(笑)
    哀愁犬のキモチ

  • ・【実話】だからといって…
    愛犬を捨てるのですか?
  • ・災害、そのとき
    愛犬も自分も生き抜くには?


いぬねこ連載
もっと見る
[PR]
[PR]
[PR]

[PR]

→弊社の情報セキュリティ対策や拡散防止活動等の進捗は、こちらからご確認いただけます。