「いぬのきもち・ねこのきもち」がお届けする、かわいい犬・猫連載や画像・動画・キャンペーンなどの情報サイトです。

あなたの愛犬の困ったお悩みをいぬのきもちが解決 犬の総合情報局

獣医師が答えるQ&A:いただいた質問に担当獣医師がお答えします。

部位から探す胆嚢
胆泥症と診断されましたが胆嚢を摘出したほうがいいのでしょうか。

ポメラニアン | 17歳0カ月 | ♀

いぬのきもち相談室 担当獣医がお答えします

ご相談者様の愛犬は今年で17歳になられるのですね。犬の中ではかなり御長寿さんです。素晴らしいことですね。今回、胆泥症が見つかったということですが、かかりつけの獣医師からは、胆嚢の摘出をすすめられたのでしょうか? 胆泥症はそれがあるだけではすぐに胆嚢を摘出する必要はないと思いますよ。もし、それが原因で愛犬に何か症状があるのであれば別ですが、胆嚢摘出の手術は高齢の犬にはかなり負担になってしまうのではないかと思います。場合によってはお薬などを使って症状を和らげてあげることもできると思います。もし、緊急的に手術が必要なようであれば、かかりつけの獣医師にしっかりとリスクを含めた説明を受け、ご相談者様が納得の上、話を進めていかれることをおすすめいたします。

いぬのきもち相談室 担当獣医師

いぬ図鑑の関連記事

さまざまな愛犬のお悩みにスグ対応

いぬのきもち最新号のご紹介

  • ・いつものしぐさを心理学でチェック
  • ・イヤイヤ・雨の日、散歩の悩み答えます♪
  • ・歯磨きが健康寿命UPのカギ!?

  • ・子犬に必要な最初の一歩とは?
  • ・イイコになるごほうびの与え方
  • ・抱き方・なで方・お手入れドリル

  • ・今更聞けない○○、こっそり教えます!
  • ・知っておきたい犬の「がん」


いぬねこ連載
もっと見る
[PR]
[PR]
[PR]

[PR]

→弊社の情報セキュリティ対策や拡散防止活動等の進捗は、こちらからご確認いただけます。