「いぬのきもち・ねこのきもち」がお届けする、かわいい犬・猫連載や画像・動画・キャンペーンなどの情報サイトです。

あなたの愛犬の困ったお悩みをいぬのきもちが解決 犬の総合情報局

獣医師が答えるQ&A:いただいた質問に担当獣医師がお答えします。

部位から探す脳、脊髄、神経
以前、愛犬が椎間板ヘルニアの疑いという病態になったことがあります。今は元気ですが、再発しないために気をつけることを教えてください。

カニンヘンダックスフンド | 6歳11カ月 | ♀

いぬのきもち相談室 担当獣医がお答えします

それは大変でしたね。残念ながら椎間板ヘルニアは遺伝的に発症してしまう病気ですので、どんなに気をつけていてもなってしまうことはあります。しかし、遺伝的要因以外にも発症の原因になることはありますので、それらを防ぐことで予防になります。まずは、体重管理です。適切な体重を維持することが大切です。適切な体重とは、愛犬の骨格によって異なりますので、かかりつけの獣医師に相談してみましょう。また、適切な運動も必要です。お散歩は平坦な滑らない道を負担をかけずに歩かせましょう。興奮して無理をしてしまうドッグランは避けたほうがよいでしょう。おうちの中でも滑るフローリングなどの床は歩かせない、階段の上り下りもさせないほうがよいですね。

いぬのきもち相談室 担当獣医師

さまざまな愛犬のお悩みにスグ対応

いぬのきもち最新号のご紹介

  • ・「やりすぎ」お世話のボーダーライン
  • ・ニオイ?ヨゴレ? お掃除のコツは意外なところ

  • ・子犬に必要な「さいしょの一歩」
  • ・○×でわかる ぬくぬく冬支度
  • ・はじめて「留守番のさせ方」

  • ・ココロとカラダ 免疫力UP
  • ・愛犬と過ごす 温かいクリスマス


いぬねこ連載
もっと見る
[PR]
[PR]
[PR]

[PR]

→弊社の情報セキュリティ対策や拡散防止活動等の進捗は、こちらからご確認いただけます。