「いぬのきもち・ねこのきもち」がお届けする、かわいい犬・猫連載や画像・動画・キャンペーンなどの情報サイトです。

あなたの愛犬の困ったお悩みをいぬのきもちが解決 犬の総合情報局

獣医師が答えるQ&A:いただいた質問に担当獣医師がお答えします。

部位から探す生殖器官
動物病院に行ったら、陰睾と言われました。腹腔内か鼠蹊部(そけいぶ)かはまだ分からないということですが、どういうことでしょうか。

トイプードル | 0歳3カ月 | ♀

いぬのきもち相談室 担当獣医がお答えします

陰睾とは陰嚢に睾丸が生後30日経過しても下りてこない状態で、またの名を停留睾丸といいます。睾丸が陰嚢と呼ばれる皮膚の下まで出てくるのが正常ですが、まれにお腹の中(腹腔)や鼠蹊部という後ろ足の付け根の部分に睾丸が留まってしまうことがあります。陰睾の場合、将来腫瘍化しやすい(精巣腫瘍になる可能性が高い)といわれており去勢手術が推奨されます。特に腹腔内陰睾の場合、腫瘍化してもなかなか気づきにくいので手遅れになってしまうこともあります。陰睾でも生殖能力があることもありますが、子犬に遺伝する可能性がありますので繁殖には適さないとされています。ごくまれにですが開腹しても睾丸がない奇形である場合もあります。

いぬのきもち相談室 担当獣医師

いぬ図鑑の関連記事

さまざまな愛犬のお悩みにスグ対応

いぬのきもち最新号のご紹介

  • ・「やりすぎ」お世話のボーダーライン
  • ・ニオイ?ヨゴレ? お掃除のコツは意外なところ

  • ・子犬に必要な「さいしょの一歩」
  • ・○×でわかる ぬくぬく冬支度
  • ・はじめて「留守番のさせ方」

  • ・ココロとカラダ 免疫力UP
  • ・愛犬と過ごす 温かいクリスマス


いぬねこ連載
もっと見る
[PR]
[PR]
[PR]

[PR]

→弊社の情報セキュリティ対策や拡散防止活動等の進捗は、こちらからご確認いただけます。