「いぬのきもち・ねこのきもち」がお届けする、かわいい犬・猫連載や画像・動画・キャンペーンなどの情報サイトです。

あなたの愛犬の困ったお悩みをいぬのきもちが解決 犬の総合情報局

獣医師が答えるQ&A:いただいた質問に担当獣医師がお答えします。

部位から探す
7歳のダックスフンドです。緑内障になってしまい、点眼だけでは改善しなかったので外科手術も受けました。しかし眼圧が不安定で落ち着きません。このままではとても心配です。

M.ダックス | 7歳11カ月 | ♂

いぬのきもち相談室 担当獣医がお答えします

犬の緑内障は眼圧が上がり、目の痛み、視力障害(失明)を引き起こす病気ですが、ご相談の愛犬は外科手術も受けられたとのことなので、おそらく眼科の専門病院に行かれているのでしょう。緑内障は専門医にかかってもまだまだ完全に治すことのできる病気ではありません。さまざまな治療法を持ってしても眼圧がコントロールできないケースは多くあります。しかし、眼圧が不安定でもその都度、目の痛みがあるかというとそうでもないようです。痛みの有無を評価して痛みのコントロールを重視した治療に切り替えていくなどの方法もありますし、正常眼圧をどうしても維持したいということであれば、入院治療のほうが可能性はあるかもしれません。しかし、愛犬にとって何が一番よい状態なのか、どこに治療のゴールをもっていくべきなのかをよく考え、担当の獣医師と納得のいくまで話し合うことがとても大切ですね。

いぬのきもち相談室 担当獣医師

同じカテゴリのQ&A

さまざまな愛犬のお悩みにスグ対応

いぬのきもち最新号のご紹介

  • ・いつものしぐさを心理学でチェック
  • ・イヤイヤ・雨の日、散歩の悩み答えます♪
  • ・歯磨きが健康寿命UPのカギ!?

  • ・子犬に必要な最初の一歩とは?
  • ・イイコになるごほうびの与え方
  • ・抱き方・なで方・お手入れドリル

  • ・今更聞けない○○、こっそり教えます!
  • ・知っておきたい犬の「がん」


いぬねこ連載
もっと見る
[PR]
[PR]
[PR]

[PR]

→弊社の情報セキュリティ対策や拡散防止活動等の進捗は、こちらからご確認いただけます。