「いぬのきもち・ねこのきもち」がお届けする、かわいい犬・猫連載や画像・動画・キャンペーンなどの情報サイトです。

あなたの愛犬の困ったお悩みをいぬのきもちが解決 犬の総合情報局

獣医師が答えるQ&A:いただいた質問に担当獣医師がお答えします。

部位から探す脳、脊髄、神経
ダックスフンドがなりやすいといわれる椎間板ヘルニアは、どういった症状があるのですか。

カニンヘンダックスフンド | 6歳10カ月 | ♀

いぬのきもち相談室 担当獣医がお答えします

ヘルニアとは本来あるべき場所から飛び出てしまうことをいいます。椎間板ヘルニアの場合、椎体と椎体の間にある椎間板という軟骨組織が飛び出し、脊髄を圧迫してしまう病気です。椎間板の飛び出しの程度によって症状が異なります。軽度であれば背部の痛みが出るので、動きが緩慢になったり元気がなんとなくなかったり食欲が落ちたりして、部屋の隅でじっとしていることが多くなります。そのときに無理に遊ばせたり散歩に連れて行くことなく安静にさせた状態で動物病院に連れて行きましょう。重度の椎間板ヘルニアの場合は痛みを通り越して麻痺の症状になります。一見元気そうに見えても後足がふらついていたり、完全に引きずっているという状態です。この場合も無理に動かしたり体を触ったりせずに動物病院に連れて行きましょう。椎間板ヘルニア自体はたとえ治癒しなくてもきちんと管理すれば命に関わることはありませんが、重度のヘルニアの中にはまれに脊髄軟化症という違う病態に移行してしまうことがあり、この場合は治療法もなく1週間ほどで死亡してしまいます。

いぬのきもち相談室 担当獣医師

さまざまな愛犬のお悩みにスグ対応

いぬのきもち最新号のご紹介

  • ・直しておきたい
    犬の“吠え問題”に挑む!
  • ・シーズン到来!役立つ
    お出かけトラブル白書

  • ・犬用カード使いこなし術
    最初に一歩
  • ・趣ある表情に思わず(笑)
    哀愁犬のキモチ

  • ・【実話】だからといって…
    愛犬を捨てるのですか?
  • ・災害、そのとき
    愛犬も自分も生き抜くには?


いぬねこ連載
もっと見る
[PR]
[PR]
[PR]

[PR]

→弊社の情報セキュリティ対策や拡散防止活動等の進捗は、こちらからご確認いただけます。