「いぬのきもち・ねこのきもち」がお届けする、かわいい犬・猫連載や画像・動画・キャンペーンなどの情報サイトです。

あなたの愛犬の困ったお悩みをいぬのきもちが解決 犬の総合情報局

獣医師が答えるQ&A:いただいた質問に担当獣医師がお答えします。

部位から探す脳、脊髄、神経
左に斜頸があり、水頭症の可能性があると言われましたが、日常で、注意することはありますか。

ミニチュアダックス | 0歳4カ月 | ♀

いぬのきもち相談室 担当獣医がお答えします

水頭症の原因は、脳内にある髄液の量が何らかの原因で増えたり、流れが止まってしまって脳圧が上がり、脳を圧迫することによっておこります。 興奮や頭部の打撲は、一過性に脳圧を上げ、水頭症の発症の引き金になったり、症状を悪化させることがありますので、穏やかな生活を心がけてくださいね また、水頭症は予防が難しく、早期発見早期治療が大切な病気です。ですから、日頃から愛犬の様子に変化がないか見てあげてください。初期症状は、時間をかけてしつけやトレーニングを教え込んでもなかなか覚えない、一日中ぼーっとしたり寝ている時間が多いといった意識の低下、同じところを旋回し続けるといった運動障害、突然吠えたり噛んだり暴れたりといった異常な行動などです。お腹が痛い、脚が痛いといったわかりやすい症状と違うので注意が必要ですね。

いぬのきもち相談室 担当獣医師

いぬ図鑑の関連記事

さまざまな愛犬のお悩みにスグ対応

いぬのきもち最新号のご紹介

  • ・いつものしぐさを心理学でチェック
  • ・イヤイヤ・雨の日、散歩の悩み答えます♪
  • ・歯磨きが健康寿命UPのカギ!?

  • ・子犬に必要な最初の一歩とは?
  • ・イイコになるごほうびの与え方
  • ・抱き方・なで方・お手入れドリル

  • ・今更聞けない○○、こっそり教えます!
  • ・知っておきたい犬の「がん」


いぬねこ連載
もっと見る
[PR]
[PR]
[PR]

[PR]

→弊社の情報セキュリティ対策や拡散防止活動等の進捗は、こちらからご確認いただけます。