「いぬのきもち・ねこのきもち」がお届けする、かわいい犬・猫連載や画像・動画・キャンペーンなどの情報サイトです。

あなたの愛犬の困ったお悩みをいぬのきもちが解決 犬の総合情報局

獣医師が答えるQ&A:いただいた質問に担当獣医師がお答えします。

部位から探す心臓
心臓疾患の疑いがあります。散歩のとき、主人と私の間を行き来して走る癖があるのですがよくないでしょうか。

トイプードル | 0歳5カ月 | ♂

いぬのきもち相談室 担当獣医がお答えします

心臓病は、予防や進行を遅らせる方法としても、安静が一番大切です。心臓は他の臓器に比べて運動や興奮に対して極めて反応しやすい臓器といえます。反応するというのは運動や興奮によって何倍もの負担がかかるということです。 ご主人とご相談者様の間を行ったり来たりするのは、興奮しながら散歩の量を増やしてしまっているように思えます。ですから、できればやめさせたほうがいいとは思いますが、大きな声を出したり、叱ったりするとさらに愛犬が興奮することも考えられます。このような場合は、時々抱っこしてあげて、休憩をはさみながら散歩を楽しんではいかがでしょうか。

いぬのきもち相談室 担当獣医師

いぬ図鑑の関連記事

さまざまな愛犬のお悩みにスグ対応

いぬのきもち最新号のご紹介

  • ・「やりすぎ」お世話のボーダーライン
  • ・ニオイ?ヨゴレ? お掃除のコツは意外なところ

  • ・子犬に必要な「さいしょの一歩」
  • ・○×でわかる ぬくぬく冬支度
  • ・はじめて「留守番のさせ方」

  • ・ココロとカラダ 免疫力UP
  • ・愛犬と過ごす 温かいクリスマス


いぬねこ連載
もっと見る
[PR]
[PR]
[PR]

[PR]

→弊社の情報セキュリティ対策や拡散防止活動等の進捗は、こちらからご確認いただけます。