「いぬのきもち・ねこのきもち」がお届けする、かわいい犬・猫連載や画像・動画・キャンペーンなどの情報サイトです。

あなたの愛犬の困ったお悩みをいぬのきもちが解決 犬の総合情報局

獣医師が答えるQ&A:いただいた質問に担当獣医師がお答えします。

症状から探す動作・意識の異常、症状呼吸が荒い
10歳の柴犬です。散歩中に、ハァハァと息が荒くなります。心疾患があるのですが関係ありますか。

柴 | 10歳2カ月 | ♂

いぬのきもち相談室 担当獣医がお答えします

心疾患になると、全身に十分な血液が通わなくなります。血液の中には酸素と栄養素が含まれていますので、十分な血液が全身に運ばれなくなるということは、体中の酸素が足りなくなるということです。 ですから、舌が紫になってしまったり、疲れやすくなります。また、一度息切れてしまうと、なかなか元の状態に戻らなくなってしまうこともあります。 ご相談者様の愛犬が散歩中にハァハァするのは、酸素不足による息切れで、心疾患の症状の一つと考えられます。散歩は、距離を短くし、愛犬のペースに合わせてゆっくり歩いてくださいね。

いぬのきもち相談室 担当獣医師

同じカテゴリのQ&A

いぬ図鑑の関連記事

さまざまな愛犬のお悩みにスグ対応

いぬのきもち最新号のご紹介

  • ・データ・図解でわかる 熱中症
  • ・ハイテク家電とお掃除テクで「ニオワセナイ」術
  • ・ハプニングに役立つ「とっさのキケン」

  • ・子犬に必要なしつけ「さいしょの一歩」
  • ・1才になる前に覚える必須「犬用語」
  • ・はじめての「社会化しつけ」

  • ・犬も人も「夏のCOOL★ドリンク」
  • ・ゲームでわかる犬の新常識
  • ・死因TOP3 犬の心臓病


いぬねこ連載
もっと見る
[PR]
[PR]
[PR]

[PR]

→弊社の情報セキュリティ対策や拡散防止活動等の進捗は、こちらからご確認いただけます。