「いぬのきもち・ねこのきもち」がお届けする、かわいい犬・猫連載や画像・動画・キャンペーンなどの情報サイトです。

TOP

犬の情報

  • いぬのきもち
  • QA・図鑑
  • 保険

猫の情報

  • ねこのきもち
  • QA・図鑑
  • 保険
  • 投稿
  • ショッピング

アプリ


あなたの愛犬の困ったお悩みをいぬのきもちが解決 犬の総合情報局

獣医師が答えるQ&A:いただいた質問に担当獣医師がお答えします。

症状から探す排泄の異常、症状下痢をする
3週間前に黒色の下痢。初め血液検査でCRPが5.4でした。抗生剤、消炎剤で治療後、0.8まで下がり、再検査で0.7になりました。大丈夫でしょうか。

ラブラドールレトリバー | 4歳2カ月 | ♂

いぬのきもち相談室 担当獣医がお答えします

CRP(C反応性たんぱく)とは、血液中に含まれているタンパク質の一つです。体内で炎症があったり、組織が破壊されると、6時間頃より急激に増加し、24時間くらいで最高値を示します。 改善すると5〜7時間で減少するので、炎症や組織破壊の有無、その程度、治療の経過などの判定に使われます。 正常値は1.0mg/dl未満です。1.0〜5.0mg/dlは軽度の炎症、5.0〜10.0mg/dlは中程度の炎症、10.0以上は重度の炎症が疑われます。 治療後のCRP検査は正常値0.8mg/dlですので、治療に効果があり、炎症が治まったことをを示しています。再検査でも0.7と正常値です。便の様子も普段と変わりがないようでしたら、心配はいらないと思います。

いぬのきもち相談室 担当獣医師

同じカテゴリのQ&A

さまざまな愛犬のお悩みにスグ対応

いぬのきもち最新号のご紹介

  • ・犬目線で考えよう!飼い主さんの問題行動!
  • ・かわいい♥ かくれんぼ犬
  • ・春の予防医学
  • ・普段使いの健康食材

  • ・吠えない犬育成計画
  • ・初めてしつけ①トイレ&ハウス
  • ・歯磨き成功への道

  • ・愛玩動物飼育管理士への道 抜き打ちテスト!
  • ・犬の慢性疾患を悪化させない
  • ・犬は言葉を理解するのか?


いぬねこ連載
もっと見る
[PR]
[PR]
[PR]

[PR]

→弊社の情報セキュリティ対策や拡散防止活動等の進捗は、こちらからご確認いただけます。