「いぬのきもち・ねこのきもち」がお届けする、かわいい犬・猫連載や画像・動画・キャンペーンなどの情報サイトです。

あなたの愛犬の困ったお悩みをいぬのきもちが解決 犬の総合情報局

獣医師が答えるQ&A:いただいた質問に担当獣医師がお答えします。

症状から探す目の異常、症状白目やまぶたの内側が充血する
愛犬の顔の毛が目に入ってしまうせいなのか、充血しています。目薬は怒るのでさせません。他の方法はありますか。

ミックス | 1歳5カ月 | ♂

いぬのきもち相談室 担当獣医がお答えします

今は目が痛くて触ってほしくないのかもしれませんね。獣医師と相談して、内服薬で充血を軽減させ、痛みを和らげてあげるようにしたらどうでしょうか。 症状が緩和したら、目の周りの毛を短くカットし、もう一度目薬を試してみてください。目の症状には飲み薬より目薬を使うほうが効果が高いからです。 目薬嫌いの犬は、正面から近づく薬瓶を怖がったり、冷たいままの液にびっくりしていることが多いようです。ですから、目薬の差し方を少し工夫することで、目薬を嫌がらなくなることがあります。 冷蔵庫で保管する目薬は、使う前に室温にもどします。犬には、後ろから近づいて顔を上に向かせるようにして側面に入れるようにしてみましょう。このときにおやつをあげて気をそらしてあげてもよいですね。上手にできたらごほうびをあげて、目薬を楽しいものにしてあげてくださいね。

いぬのきもち相談室 担当獣医師

同じカテゴリのQ&A

さまざまな愛犬のお悩みにスグ対応

いぬのきもち最新号のご紹介

  • ・いつものしぐさを心理学でチェック
  • ・イヤイヤ・雨の日、散歩の悩み答えます♪
  • ・歯磨きが健康寿命UPのカギ!?

  • ・子犬に必要な最初の一歩とは?
  • ・イイコになるごほうびの与え方
  • ・抱き方・なで方・お手入れドリル

  • ・今更聞けない○○、こっそり教えます!
  • ・知っておきたい犬の「がん」


いぬねこ連載
もっと見る
[PR]
[PR]
[PR]

[PR]

→弊社の情報セキュリティ対策や拡散防止活動等の進捗は、こちらからご確認いただけます。