「いぬのきもち・ねこのきもち」がお届けする、かわいい犬・猫連載や画像・動画・キャンペーンなどの情報サイトです。

TOP

犬の情報

  • いぬのきもち
  • QA・図鑑
  • 保険

猫の情報

  • ねこのきもち
  • QA・図鑑
  • 保険
  • 投稿
  • ショッピング

アプリ


あなたの愛犬の困ったお悩みをいぬのきもちが解決 犬の総合情報局

獣医師が答えるQ&A:いただいた質問に担当獣医師がお答えします。

部位から探す脳、脊髄、神経
愛犬がてんかんと診断されました。家庭で気をつけることはありますか。

ヨークシャーテリア | 3歳2カ月 | ♂

いぬのきもち相談室 担当獣医がお答えします

てんかんは突然に発作が起こり、苦しそうに見えるので、何とかしてあげたくなる人も多いようです。しかし、冷静になって注意深く見守ることが大切です。 体をおさえたり、ゆすったりしないでくださいね。意識のない愛犬に噛まれる事故は少なくありません。 愛犬が倒れている近くに危険なものがないか、愛犬は落下するような場所にいないかを確認し、怪我をしないようにしてあげましょう。獣医師の指示がある場合は、発作状況を観察し、メモをするようにしましょう。治療方針を決定する上で重要なデータとなります。 発作が長く続いたり、意識が戻らないうちに発作を繰り返し起こす場合は、すぐに動物病院へ連れて行きましょう。このような状態は「てんかん重積」といって、治療が遅れると後遺症が残ったり、命にかかわることもあります。 処方された薬は飼い主さんの判断で、量を変更したり、中断してはいけません。症状を悪化させることがありますので、必ず獣医師に相談してください。

いぬのきもち相談室 担当獣医師

いぬ図鑑の関連記事

さまざまな愛犬のお悩みにスグ対応

いぬのきもち最新号のご紹介

  • ・犬目線で考えよう!飼い主さんの問題行動!
  • ・かわいい♥ かくれんぼ犬
  • ・春の予防医学
  • ・普段使いの健康食材

  • ・吠えない犬育成計画
  • ・初めてしつけ①トイレ&ハウス
  • ・歯磨き成功への道

  • ・愛玩動物飼育管理士への道 抜き打ちテスト!
  • ・犬の慢性疾患を悪化させない
  • ・犬は言葉を理解するのか?


いぬねこ連載
もっと見る
[PR]
[PR]
[PR]

[PR]

→弊社の情報セキュリティ対策や拡散防止活動等の進捗は、こちらからご確認いただけます。