「いぬのきもち・ねこのきもち」がお届けする、かわいい犬・猫連載や画像・動画・キャンペーンなどの情報サイトです。

あなたの愛犬の困ったお悩みをいぬのきもちが解決 犬の総合情報局

獣医師が答えるQ&A:いただいた質問に担当獣医師がお答えします。

部位から探す脳、脊髄、神経
愛犬がてんかんと診断されました。家庭で気をつけることはありますか。

ヨークシャーテリア | 3歳2カ月 | ♂

いぬのきもち相談室 担当獣医がお答えします

てんかんは突然に発作が起こり、苦しそうに見えるので、何とかしてあげたくなる人も多いようです。しかし、冷静になって注意深く見守ることが大切です。 体をおさえたり、ゆすったりしないでくださいね。意識のない愛犬に噛まれる事故は少なくありません。 愛犬が倒れている近くに危険なものがないか、愛犬は落下するような場所にいないかを確認し、怪我をしないようにしてあげましょう。獣医師の指示がある場合は、発作状況を観察し、メモをするようにしましょう。治療方針を決定する上で重要なデータとなります。 発作が長く続いたり、意識が戻らないうちに発作を繰り返し起こす場合は、すぐに動物病院へ連れて行きましょう。このような状態は「てんかん重積」といって、治療が遅れると後遺症が残ったり、命にかかわることもあります。 処方された薬は飼い主さんの判断で、量を変更したり、中断してはいけません。症状を悪化させることがありますので、必ず獣医師に相談してください。

いぬのきもち相談室 担当獣医師

いぬ図鑑の関連記事

さまざまな愛犬のお悩みにスグ対応

いぬのきもち最新号のご紹介

  • ・直しておきたい
    犬の“吠え問題”に挑む!
  • ・シーズン到来!役立つ
    お出かけトラブル白書

  • ・犬用カード使いこなし術
    最初に一歩
  • ・趣ある表情に思わず(笑)
    哀愁犬のキモチ

  • ・【実話】だからといって…
    愛犬を捨てるのですか?
  • ・災害、そのとき
    愛犬も自分も生き抜くには?


いぬねこ連載
もっと見る
[PR]
[PR]
[PR]

[PR]

→弊社の情報セキュリティ対策や拡散防止活動等の進捗は、こちらからご確認いただけます。